HOME ニュース一覧
 
芦畦(あしぐろ)の獅子舞【平成23年7月17日】


7月17日、並木町の花岡地区で、市の無形民俗文化財に指定されている厄除け行事「芦畦(あしぐろ)の獅子舞」が行われました。

「芦畦の獅子舞」は、約700年前から伝承されている厄除け行事で、毎年7月の第3日曜日に行われています。親獅子・中獅子・子獅子の3頭が各家庭を回り、勇壮な舞で厄を吹き飛ばしていく地域の伝統行事です。

この日は午前8時から花岡町公民館を出発し、各家庭を訪問。厳しい暑さの中、地元の男性が交代で獅子舞を担当し、笛や太鼓に合わせて勇ましい舞を披露していました。
芦畦の獅子舞の写真1
画像をクリックすると拡大します
芦畦の獅子舞の写真2
芦畦の獅子舞の写真3
芦畦の獅子舞の写真4
芦畦の獅子舞の写真5
芦畦の獅子舞の写真6
芦畦の獅子舞の写真7
芦畦の獅子舞の写真8
芦畦の獅子舞の写真9
 
過去のニュースを読む
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る