HOME 佐野市の紹介 地名のいわれ
 
鐙塚町


(1) 永禄2年方量のとき鐙塚村と称すなり。
(2) 伝承によると、建武2年(1335年)に亡くなった尊雲法親王の首を埋めて塚としたのを、村民が尊んで阿武塚と呼んだのに由来するといわれています。
(3) アブは、アバの転で動詞アバク(褫く)の語幹であり、崩壊するという意です。ヅカはツカで小高い丘、台地を意味します。鐙塚は三杉川の氾濫によって浸食を受けた崩壊地に由来する地名ではないかという説があります。
 
お問い合わせ   観光立市推進課 電話0283-27-3011
kankousuisin@city.sano.lg.jp
戻る このページのトップへ