HOME 佐野市の紹介 地名のいわれ
 
長谷場


(1) ハセは走ることで、バは文字どおり場所です。しかし、ハセベが転化したものかもしれない。『和名抄』には、下野国河内郡と芳賀郡とにこの郷名があり、丈部、杖部と書いています。ハセベは古代のころ、役所に勤めて公文書の使送に従事した人たちです。しかし、この場合は長谷川と同じく、流れの速い川のあるところか、近くに寄居という中世の城館跡があるので、侍たちが走り回ったところという意味かであろうと思われます。
(2) ハセバは、ハセ・バという地名で、ハセは動詞ハセル(挟る)の語幹で、挟むの意から、山地に挟まれた地形を意味します。バは場所を示す単なる接尾語で、山間の谷地形に由来するという説があります。
 
お問い合わせ   観光立市推進課 電話0283-27-3011
kankousuisin@city.sano.lg.jp
戻る このページのトップへ