HOME 佐野市の紹介 地名のいわれ
 
金屋下町


1602年、幕府の山城禁止の命を受け、佐野信吉がその居城を唐沢山城から春日山に移築した際の城下町形成の計画において、居城予定地の風上にあたる北西に火を扱う鋳物師集落があったため、それを南側にあたる現在の地へ移住させました。

そのため、製鉄所・精錬所が集まっていたことから、現在の町名となったといわれています。
 
お問い合わせ   観光立市推進課 電話0283-27-3011
kankousuisin@city.sano.lg.jp
戻る このページのトップへ