HOME 佐野市の紹介 地名のいわれ
 
庚申塚町


(1) かのえづか、こうしんづかとも呼ばれていました。
(2) 古く60年、あるいは60日ごとにめぐってくる庚申(かのえさる)のときに、特殊な禁忌を求める信仰がありました。各地の路傍にみられる庚申供養灯や庚申塚は、この信仰の行事にともなう造立・築造によるものです。庚申供養灯や庚申塚が祀られたところが地名として今日に伝えられており、民間信仰の根強さを如実に示しているものです。
 
お問い合わせ   観光立市推進課 電話0283-27-3011
kankousuisin@city.sano.lg.jp
戻る このページのトップへ