HOME 佐野市の紹介 唐沢山城跡 トピックス
HOME くらしの情報 文化・伝統 唐沢山城跡 トピックス
 
史跡の環境維持、向上を目指して


国指定史跡唐沢山城跡において、ボランティアの皆さんによる史跡の環境維持、向上を目指す活動が、平成29年11月12日に実施されました。

この日予定されていた唐沢山を取巻く8町会合同の「むかで(ゴミ)退治」に合わせて、有志15人が集った活動です。

クランクする堀切や土橋がある南城南東の「つきとや」と呼ばれる箇所や、「つきとや」から南城に至る曲輪(くるわ)や堀切を通る小路、山頂西側で西方への見晴らしが期待できる「土矢蔵」(つちやぐら)での除草作業等に全員が汗を流しました。

何れの場所も、本城跡のなかで中世的景観を強く感じることのできる場所です。「価値ある史跡を大切にしていきたい」、「史跡の素晴らしさを多くの方に伝えたい」、「史跡の保存に役立ちたい」という皆さんの思いが結集し、「つきとや」では堀跡や土橋等が良く見渡せるようになり、南城に至る小路や「土矢蔵」では通路の確保ができるようになりました。

また、この日の午後に行われた打合せ会では、今後の活動について熱心な話し合いがされました。

こうした活動が、間近に控えた第24回全国山城サミットin佐野開催への大きな弾みになっていきます。







 
お問い合わせ   文化財課 電話0283-61-1177
bunkazai@city.sano.lg.jp
戻る このページのトップへ