HOME 佐野市の紹介 佐野弁バンザイ
 
水の神様はカピタリモチが大好きだった


渓流の写真毎日の生活にどうしても欠かせないものといえば水と食べ物です。特に水は動植物体の約80%を占めているといわれています。水は生命の源です。

ところが、この水がその量を増すと、人も動物も思いもかけないような災難に襲われることがあります。河川が整備されていなかった昔は、川の濁流に呑み込まれて水死する者、怪我をする者が後を絶ちませんでした。

昔の人たちは、水難事故が起こるのは、水の神によるしわざだと考えました。新年を迎えるに当たって、幸せな年であるようにと願う気持ちは、神に祈る以外に方法はありませんでした。水難事故が起こらないように、、水の神に餅を供えました。この餅を佐野ではカピタリモチといい、この餅を食べると、水泳ぎに行ってもおぼれたり、河童(架空の動物)にさらわれることがないと信じられていました。

カピタリモチは、旧暦の12月1日に搗く餅のことで、かわびたりもち(川浸り餅)がなまったものです。県内にはカピタレとか、カピタレモチというところもあります。カピタリモチを搗いた家は、12月末に餅つきをすることはかたく戒められました。そのために1日に搗いた餅を知人宅に配り、その見返りの餅は、年末になって知人宅から届けられました。

(市民記者・森下喜一)
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
戻る このページのトップへ