HOME 佐野市の紹介 佐野弁バンザイ
 
まぎらわしいチョチョラッケとソソラッケ


軽々しくものをいったり、軽率な行動をとったりすること(または人)を、佐野やその周辺では、チョチョラッケ・チョチョラッカなどといいます。

「あの男はチョチョラッケだから、まじめに耳を傾ける人なんて、まず、いなカンベー」

軽率な言動が過ぎると、口先ばかりで誠意がまったくみられないことがあったり、お世辞ばかりが多く信用できなくなってしまうことがあります。このようなこと(人)もチョチョラッケ・チョチョラッカなどといいます。チョチョラッケ(カ)には本来、口から出まかせをいう、口先で上手にいう意のチョチョラに、ようすや気配(けはい)を表すケ・カ(接尾語)が付いたものです。

チョチョラという言葉は、もともと古い日本語にはありませんでしたが、江戸中期頃に深川の岡場所(おかばしょ)で言い始めました。それが流行語となって江戸全域に広まり、やがて栃木県にも伝わってきました。その頃、県内にはすでに、共通語の「そそっかしい」が変化したソソラッケ・ソソラッカ(「ケ」も「カ」も接尾語)がありました。この言葉は落ち着きがなく、不注意で軽々しいさまをいいます。「ソソラッケだから、転んで怪我(けが)ばっかりするんだよ」。チョチョラッケ(カ)が誠意のないことをいうのに対して、ソソラッケ(カ)は落ち着きのないさまをいいました。しかし今では区別があいまいになり、混同されることがしばしばあります。

(市民記者・森下喜一)
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
戻る このページのトップへ