HOME 佐野市の紹介 佐野弁バンザイ
 
がむしゃらに行動することをムテッコジといった


物事を深く考えずがむしゃらに行動することを、ムテッコギあるいはムテッコジといいます。「あの男に道具を貸してやってもいいが、ムテッコジだからボッコシチャンジャネーン(壊してしまうのではない)かと思うと、気が気ジャーネー(ではない)よ」

ムテッコギのムテは「無手」で、前後みさかいがなく乱暴に行動すること、考えもなく無理やりに行うことの意、「コギ」は荒々しさを外に出すという意の「放(こ)き」が濁音化したものです。これは「嘘ッコキ(嘘つき)」などというときの「コキ」と同じ意味の語です。ムテッコジは、ムテッコギの「ギ」が訛って「ジ」になったものです。

ムテッコギ(ムテッコジ)と意味や用法のほとんど同じ語に、ガショーギ(キ)もあります。「この段ボール箱にはガラスがヘーッテッ(入っている)から、ガショーキ(乱暴)に扱うと、オッカケッカンナ(割れるからな)、キー(気を)つけてそーっと持ッテギナ(持って行けよ)」

ガショーギ(キ)は「我勝気」という漢字を書き、がむしゃら・乱暴・手荒という意味です。ガショーギ(キ)は江戸時代に発生した言葉です。県南地方、特に佐野とその周辺では、ムテッコギ・ムテッコジと合わせて、ガショーキも多く使われています。ちなみに県北では、ムテッコギの変化形であるムテッキが使われています。

(市民記者・森下喜一)
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
戻る このページのトップへ