HOME 佐野市の紹介 佐野弁バンザイ
 
座ったまま前に進み出ることをイジャリデルという


膝や尻を畳や地面につけたまま前に進み出ることを、共通語では「いざる」といいますが、方言ではイ(エ)ジャリデルまたは、イ(エ)ザリデルなどといいます。

「耳が遠くなってお坊さんの声が聞ケネ(聞こえない)から、このまんまイジャリデテ聞くべーなんて、隣に座っていた婆さんが小声でブツクサ(ひとり言)をいってたっけ」

イジャリデルは「いざる(居去)」が訛ったもので、膝や尻を地につけたままの姿勢で少しずつ前進することをいいます。

これとは反対に、前を向いたままの姿勢で、少しずつ後ろへ「下がる」ことをヒシャルといいます。人により地域によっては、シッシャル・シチャル・シッチャル・シッツァル・ヒシャル・ヒッシャル・ヒッチャル・ジサルなどともいいます。後ろへ「下がること(後退)」はアトッチャリといいます。

「会場の前の方がエラク(ひどく)混み合っているので、ワリーケンド(申し訳ないが)後ろにいる人は、ジングリジングリニ(順番に)ヒシャッテクンナカンベカー(後ろへ下がってくれませんか)」


ヒシャル・シッチャルなどは、後ろへ引き下がる意の共通語「しさる(退)」が訛ったものです。中高年者は今もなお使用していますが、若い人たちにはもはや過去のことばになってしまったのか、使っている人を見かけなくなりました。

(市民記者森下喜一)
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
戻る このページのトップへ