佐野市まちなか活性化推進協議会

平成28年度活動方針について

平成28年度 活動方針について

(1)まちなか居住専門部会

◎まちなか居住専門部会等のこれまでの経緯

 まちなか居住専門部会は、まちなかの魅力を高めることで居住選択行動を促すことができないかを検討するために、新たな魅力として医療・介護での安心・安全ネットワークづくりを目標に、「さのまるごと安心プロジェクト」を進めてきた。
 そうして推進した「さのまるごと安心プロジェクト」では、子育て世帯と健康な高齢者に着目して、社会実験としてモニターになっていただき、何かの時の安心感を共有できるような仕組みを開発、モニターへのヒアリングを通じて具体的な課題の抽出や可能性の追求などを行ってきた。また、より具体的な展開につなげるために、CCRC+Cへの可能性について、資料を収集・整理しながら検討を進めてきた。
 こうした経緯と状況を踏まえ、平成28年度は、まちなか居住について専門部会を再度設置し、より具体的な推進施策を検討する。

◎平成28年度の活動内容

  1. さのまるごと安心プロジェクトのフォローアップ
  2. 佐野市のまちなか居住に関わる課題の抽出
  3. 抽出した課題の解決方法・施策の検討
  4. 課題解決の方法・施策の実施主体の検討
  5. 佐野市のまちなか居住でアピールできる、推奨できる魅力・ライフスタイルの検討
  6. 提言書の取りまとめ

 

(2)まちづくり会社連携専門部会(さぽーた)

◎まちづくり会社連携専門部会の目的

 昨年度まで活動を続けてきた、まちづくり会社設立プロジェクトチームは、当初の目的であるまちづくり会社「さのまちづくり株式会社」が設立されたため、活動は終了させることとする。今後は、さのまちづくり株式会社との連携事業(まちなか活性化プロジェクト)が、本協議会の役割として推進していくことになるので、新たに協議会内に専門部会を設置して活動を行う。

◎平成28年度の活動内容

まちづくり会社連携専門部会を設置し、そこで出た意見を協議し、さのまちづくり株式会社の企画推進会議に提案していく。