ライン

被災者支援

ライン

女性に対する暴力に関する相談等について

東日本大震災の発生後、震災に関係して以下のような相談が寄せられています。

・震災のストレスで配偶者の暴力がひどくなった。イライラをぶつけてくる。
・住居が被災したため身を寄せている場所で暴力を受けている。
・地震や停電の暗闇により過去の性暴力被害を思い出した。
・配偶者の暴力から逃れている場所で震災に遭い、孤立している。


今後、震災の影響を受けた地域などでは、震災等の影響によるストレスの高まりなどから、さまざまな暴力が懸念されます。以下の窓口で、そうした場合の相談を受け付けています。

配偶者からの暴力(配偶者暴力相談支援センター等)

・DV相談ナビ 電話0570-0-55210

※お近くの相談窓口を自動音声によりご案内します(24時間対応)
※ご希望により相談窓口に電話をおつなぎします(相談の受付時間は相談窓口ごとに異なります)

性犯罪に係る被害や捜査に関する相談

栃木県警察本部
・性犯罪被害者相談室 電話0120-710-873
・県民相談室 電話028-627-9110(または#9110)

※受付時間…午前8時30分から午後5時15分まで(左記以外、土・日曜日、祝日は当直)

その他の女性・子どもに対する人権侵害の相談窓口(法務局・地方法務局)

・女性の人権ホットライン
全国共通ナビダイヤル 0570-070-810

・子どもの人権110番
全国共通フリーダイヤル(無料) 0120-007-110

※お近くの法務局・地方法務局につながります。
※受付時間…平日午前8時30分から午後5時15分まで

女性の相談に関する窓口

・とちぎ男女共同参画センター相談ルーム
相談専用電話 028-665-8720

※受付時間…月~金曜日は午前9時~午後8時、土・日曜日は午前9時~午後4時


←前のページに戻る

Copyright (C) Sano City Office All rights reserved.