本文へスキップ
事業は全て終了しました

 佐野市田中正造翁没後百年顕彰事業は、市民と行政の協働により事業を推進しています。

  •  平成25年は、田中正造が亡くなってから100年となる節目の年です。田中正造は、公害の原点とされる足尾鉱毒問題の解決にその生涯をかけて取り組んだ、佐野市が誇る「郷土の偉人」です。
  •  佐野市では、没後100年にあたり、正造翁の偉業を広く顕彰し、永く後世に伝えるため、全市、全庁をあげてさまざまな顕彰事業に取り組んでいます。 
  •  佐野市田中正造翁没後百年顕彰事業実行委員会では、平成25年に没後100年を迎える田中正造翁の偉業を顕彰するため、このホームページによりさまざまな情報を発信していきます。

 《右写真:遺愛の肖像》この写真は、亡くなる前年の春、東京の逸見家で撮影されました。正造はこの写真が気に
 入り、病床でも焼き増しを求め、周囲の人々に配ったと伝えられています。

NEWS


佐野市田中正造翁没後百年顕彰事業実行委員会は
         平成26年3月31日をもって解散します。
お問い合わせは、郷土博物館へお願いします。
郷土博物館:0283-22-5111

TOPICS


 お知らせ
「田中正造終焉の家」が佐野市指定史跡に決定しました
 お知らせ
足尾鉱毒事件を題材にしたNHKドラマ『足尾から来た女』が放映されました    (1月18日,25日)
 イベント
記念演劇『天地と共に〜田中正造を生きる』
 イベント
10月12日、13日「田中正造翁没後100年記念祭」
 イベント
10月13日「田中正造・未来への大行進」
 お知らせ
まんが発刊シンポジウム・パネルディスカッションの議事録を作成しました
 お知らせ
顕彰事業の一覧を掲載したパンフレット一覧とポスターを作成しました  
 お知らせ
記念演劇の制作発表を行いました   
 お知らせ
『まんが田中正造〜渡良瀬に生きる〜』佐野市郷土博物館で販売中です
 お知らせ
正造翁のイメージキャラクター「しょうぞう(SHOZO)くん」
しょうぞうくん
                                         しょうぞう(SHOZO)くん
              
 

事務局:佐野市田中正造翁
    没後百年顕彰事業推進室

  〒327-0003
   栃木県佐野市大橋町2047
   (郷土博物館内)

    TEL 0283-22-5111
    FAX 0283-22-5112
E-mail:hakubutu@city.sano.lg.jp