HOME お知らせ
 
防災行政無線などを用いた情報伝達訓練の実施


地震・津波や武力攻撃などの発生時に備え、国において次のとおり情報伝達訓練を行います。

この訓練は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を用いた訓練で、国内全域で様々な手段を用いて情報伝達訓練が行われます。



訓練実施日時
 
(1)平成29年11月14日(火)午前11時00分
   
訓練で行う放送試験
 
情報伝達手段 放送内容
防災行政無線 市内248か所に設置してある防災行政無線から、一斉に、次のように放送されます。
【放送内容】
+ 上りチャイム音
+ 「これは、Jアラートのテストです。」×3
+ 「こちらは、ぼうさいさのです。」
+ 下りチャイム音
   
国民保護サイレンと緊急情報が流れます。その時の行動は・・・
  →屋外にいる場合
できる限り頑丈な建物や地下に避難する。

→建物がない場合
物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

→屋内にいる場合
窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。


詳しくは内閣官房国民保護ポータルサイト(別窓)をご覧ください。


 
お問い合わせ   危機管理課 電話0283(20)3056
 
このページのトップへ
戻る