佐野市人間国宝陶芸館     



トップ田村耕一略歴企画展ご案内田村耕一の鉄絵所蔵品紹介刊行物アクセス

                           田村耕一略歴  Profile   
                

大正 7年
1918
栃木県佐野市富岡町に生まれる。
昭和16年
1941
東京美術学校工芸科図案部卒業。
私立南海商業学校(大阪府堺市)のデザインの教師となる。
昭和17年
1942
宇都宮第36部隊に召集され兵役に服する。
昭和21年
1946
富本憲吉氏の誘いにより、
輸出陶磁器のデザイン研究所設立に参加するため、京都に赴く。
昭和23年
1948
赤見焼の創業に参画する。
昭和24年
1949
佐野市久保町に倒焔式の薪窯を築く。
昭和25年
1950
濱田庄司氏の推薦を受け、益子の栃木県窯業指導所技官となる。
昭和28年
1953
佐野市久保町に四袋の登り窯を築く。
昭和31年
1956
第5回現代日本陶芸展で朝日新聞社賞ならびに松坂屋賞を受賞。
昭和32年
1957
日本陶磁協会賞を受賞。
昭和35年
1960
第7回日本伝統工芸展で奨励賞を受賞。
昭和36年
1961
第16回新匠会展で富本賞を受賞。
文化財保護委員会買上。東京近代美術館買上。京都近代美術館買上。
昭和37年
1962
第9回日本伝統工芸展の鑑査委員、以後鑑査委員、審査員を務める。
朝日陶芸展、日中陶芸展等の審査員も務める
昭和42年
1967
東京藝術大学助教授となる。
トルコのイスタンブール国際陶芸展にてグランプリ金賞を受賞。
昭和43年
1968
通産省主催の第3回ジャパン アート フェスティバル
「国際芸術見本市アメリカ巡回展」に2ヶ月間(米国9大学)派遣、
陶芸を指導する。
昭和45年
1970
栃木県文化功労賞を受賞。
昭和47年
1972
日本工芸会陶芸部会長に推される。
昭和50年
1975
日本陶磁協会賞金賞を受賞。
昭和52年
1977
東京藝術大学教授に就任する。
昭和58年
1983
紫綬褒章を受章。
昭和61年
1986
重要無形文化財保持者(人間国宝);鉄絵陶器に認定される。
東京藝術大学名誉教授に推される。佐野市名誉市民となる。
昭和62年
1987
1月3日、死去。勲三等瑞宝章受章。


                        次へ Next   戻る Back


                     
                     Copyright (C) 2007 NingenkokuhouTamura Kouichi Tougeikan, All Rights Reserved.
                  各ページに掲載している写真及び記事等の無断転載を禁じます。

                      〒327-0022 栃木県佐野市高砂町2794-1
                              まちなか活性化ビル「佐野未来館」1階
                                        Tel
Fax 0283220311
                                 佐野市人間国宝 田村耕一陶芸館