被災された方の国民健康保険及び後期高齢者医療の一部負担金、介護サービスに係る利用料の減免について

保険証や現金がなくても医療機関等を受診できます。

令和元年台風19号により被災された、本市国民健康保険及び本市に居住する栃木県後期高齢者医療の被保険者が、医療機関等を受診する場合、窓口で、次の1~5のいずれかに該当する旨を申告すれば、窓口での支払いは不要です。

(注意)ただし、入院時の食事療養費及び入院時生活療養費の自己負担分は除きます。

対象となる基準

  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした方
    (注意)り災証明書の提示は必要なく、窓口での口頭申告で構いません。
  2. 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った方
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である方
  4. 主たる生計維持者が事業を廃止し、又は休止した方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

窓口での支払いが不要となる期間

令和2年3月末日診療分まで

その他

  • 被災により、被保険者証・負担割合証を紛失又は自宅などに残して避難されている方は、氏名や住所等を介護サービス事業所等にお伝えいただければ、被保険者証等がなくても介護サービスを受けることができます。
  • 佐野市の介護保険被保険者の方で、条件の(1)から(5)に該当する方は、ケアマネや介護サービス事業所等にその旨口頭で申し出ることで、サービス利用料(自己負担割合分)の支払いが猶予・免除になります。

(注意1)ただし、免除できるのは介護サービス利用料の利用者自己負担割合分のみで、食費・居住費や限度額を超えてサービスを利用した分はお支払いいただく必要があります。
(注意2)この免除を受けるには、上記の(1)~(5)のいずれかに該当する必要があることから、医療機関等の窓口でご申告いただいた内容について、後日、確認させていただく場合もありますので、領収書、り災証明等の書類の保管をお願いいたします。

問い合わせ

国民健康保険に加入の方

医療保険課国保係 電話:0283-20-3024

後期高齢者医療に加入の方

いきいき高齢課長寿医療係 電話:0283-20-3021

介護保険を利用されている方

介護保険課介護サービス係 電話:0283-20-3022

その他の保険の方

国民健康保険、後期高齢者医療以外の方(協会けんぽ等の方)はこちらをご覧ください。

(注意)一部の健保組合・国保組合についても免除される場合があります。詳細は各組合にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

医療保険課 電話:0283-20-3024
いきいき高齢課 電話:0283-20-3021
介護保険課 電話:0283-20-3022

更新日:2020年01月29日