被災された方への介護サービスについて

被災により、被保険者証・負担割合証等を紛失又は自宅などに残して避難されている方は、氏名や住所等を介護サービス事業所等にお伝えいただければ、被保険者証等がなくても介護サービスを受けることができます。

利用者の皆さま

令和2年3月31日まで

佐野市の介護保険被保険者の方で、次の条件の(1)から(5)に該当する方は、ケアマネージャーや介護サービス事業所等にその旨口頭で申し出ることで、サービス利用料(自己負担割合分)の支払いが免除になります。(令和2年3月サービス利用分まで)

<留意事項>

ただし、免除できるのは介護サービス利用料の利用者自己負担割合分のみで、食費・居住費や限度額を超えてサービスを利用した分等はお支払いいただく必要があります。

(1)住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方
    (注意)り災証明書の提示は必要ありませんので、窓口で口頭で申告してください。
(2)主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方
(3)主たる生計維持者の行方が不明である方
(4)主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方
(5)主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

令和2年4月1日から

令和2年4月1日からは、佐野市から交付される「介護保険利用者負担額減額・免除認定証」を提示した方のみサービス利用料(自己負担割合分)の支払いを免除することとなりますので、申請が必要です。

佐野市の介護保険被保険者の方で、次の条件の(1)から(5)に該当する方は、申請することで、サービス利用料(自己負担割合分)の支払いが免除になる場合があります。

<留意事項>

ただし、免除できるのは介護サービス利用料の利用者自己負担割合分のみで、食費・居住費や限度額を超えてサービスを利用した分等はお支払いいただく必要があります。

(1)住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方
(2)主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方
(3)主たる生計維持者の行方が不明である方
(4)主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方
(5)主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

<申請に必要なもの>

  1. 介護保険利用者負担額減額・免除申請書
  2. 印鑑(認印)
  3. 介護保険被保険者証
  4. マイナンバー通知カードなど、個人番号のわかるもの
  5. り災証明書など、免除を受けようとする理由を証明する書類
    (例)
    住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした
    →住家の損害の内容や程度を把握できるもの
    【例】り災証明書の写し(既にり災証明書が発行され、佐野市で被災状況が確認できる場合は不要)

    主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した
    →主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止していることが確認できるもの
    【例】廃業・休業に関する届出書の写し、登記事項証明書の写し等

    主たる生計維持者が失職し、現在収入がない
    →主たる生計維持者が失職し、現在収入がないことが確認できるもの
    【例】解雇通知書の写し、雇用保険受給資格者証の写し等

各種介護サービス事業所の皆さま

令和2年4月1日から

令和2年4月1日からのサービス利用分については「保険者から交付された利用者負担の免除証明書を提示した方のみ、支払いを免除すること」となり、佐野市では以下の取扱いとさせていただきます。

(1)令和2年3月現在、免除適用中で、引き続き4月1日以降も免除を認める被保険者

介護保険課から直接、ご本人あてに「介護保険利用者負担額減額・免除認定証」を発送いたします。
免除対象者であることをご確認のうえ、認定証の有効期限までは、引き続き国保連等へ給付率100%で請求をお願いいたします。
(注意)認定証が届いた被保険者は、介護保険課へ申請する必要はありません。

(2)令和2年3月現在、免除適用中だが、4月1日以降は申請による審査が必要な被保険者

介護保険課から直接、ご本人あてに申請書類を発送いたします。届きましたら内容をご確認のうえ、介護保険課まで提出をお願いいたします。

(3)令和2年4月1日以降に、新規で利用料の免除を申請する被保険者

口頭による免除申し立ての期間は、令和2年3月31日をもって終了となります。
令和2年4月1日以降に、新規で介護サービス利用料の免除を受けたい場合は、まず介護保険課への申請が必須となります。
その際、佐野市で被災状況が確認できていない被保険者についてはり災証明書(写しでも可)を添付いただき、審査ののち、該当者には認定証を交付いたします。

<留意事項>

ただし、免除できるのは介護サービス利用料の利用者自己負担割合分のみで、食費・居住費や限度額を超えてサービスを利用した分等はお支払いいただく必要があります。

介護保険に関する令和元年東日本台風(令和元年台風第19号)への対応については、厚生労働省のHPの内容をご確認ください

厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00071.html

この記事に関するお問い合わせ先
健康医療部介護保険課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3022
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年03月25日