令和元年台風第19号による令和2年度後期高齢者医療保険料の減免について

令和元年台風第19号により一定の被害があった方には、後期高齢者医療保険料が一定の条件により減免になる場合がありますので、お手続きをお願いします。

減免の対象となる方

令和元年台風第19号により被害を受けた、75歳以上の方と一定の障がいがあると認定された65歳以上75歳未満の方で以下の条件を満たす者

居住する住宅が床上浸水以上の浸水があった方

  1. 減免の割合
    床上浸水・半壊・大規模半壊の場合⇒2分の1
    全壊の場合⇒全額
  2. 申請に必要なもの
    • り災証明書(コピー可)
    • 印鑑(朱肉を使用する印)
    • 被保険者証

被災により事業等の収入が著しく減少した方

被災により世帯主の事業等の収入が著しく減少したとき、一定の条件により減免となる場合がありますが、減免申請書とり災証明書の他に提出していただく書類がありますので、ご相談ください。

対象となる保険料 

令和2年度分のうち、4月分から9月分までの月割算定額となります。

(注意1)窓口に来られない場合は、ご連絡をいただければ減免申請書をお送りいたします。
(注意2)減免の申請をいただいても、条件に合致しないと減免にならない場合や、申請の内容を確認するための資料の提出をお願いすることもあります。

申請期間

令和2年10月23日(金曜日)まで

申請窓口

市役所1階いきいき高齢課長寿医療係
午前8時30分から午後5時15分

この記事に関するお問い合わせ先
健康医療部いきいき高齢課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3021
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年08月07日