5歳から11歳の方の新型コロナワクチン接種(小児接種)

小児の接種について

令和4年9月6日より、小児接種に対する努力義務が適用されるとともに、追加接種(3回目接種)を受けられるようになりました。

ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方についての正しい知識を確認し、お子さまと相談うえ、保護者の方に接種をご判断いただきますようお願いします。ワクチンについての疑問や不安があるときは、かかりつけ医などにご相談ください。

接種の対象

5歳から11歳の市民(5歳になる誕生日の前日から12歳の誕生日の前々日までの市民)

【特に接種をお勧めする方】

  • 慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患を有する方(接種にあたってはかかりつけ医等と、よく相談してください)。

(注意)日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等を公表しています。 

接種の期間

令和5年3月31日まで

ワクチンの種類、接種回数

ワクチン種類、接種回数、間隔、対象年齢について
接種回数 初回接種(1,2回目接種) 追加接種(3回目接種)
ワクチン種類 ファイザー社製(5~11歳用)
接種回数 2回 1回
接種間隔 通常3週間(注意1) 2回目接種から5か月以上
接種対象年齢 1回目の接種日に5~11歳(注意2) 3回目の接種日に5~11歳

(注意1)1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

(注意2)初回接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子さまが、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

他のワクチンとの接種間隔

  • インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同じ日に接種を受けることができます。
  • 新型コロナワクチン接種の前後にインフルエンザワクチン以外の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

接種料金

無料

接種当日持参するもの

  1. 接種券
  2. 本人確認書類
  3. 母子健康手帳(可能な限りご持参ください)
  4. 予診票(記入してご持参ください)
  5. 保護者同意書(接種には保護者の方の同意と立ち合いが必要です)

接種会場・予約受付

接種券発送時期

3回目接種の方:2回目の接種日から5か月経過後に発送します(1週間に1回発送)。

基礎疾患などをお持ちの方などで、早期に接種券の発行をご希望の場合は、佐野市新型コロナワクチンコールセンター(028-614-7209)へご連絡ください。

(注意1)転入された方で、初回接種用の接種券が必要な場合は、下記のページをご覧ください。

(注意2)接種券を紛失した場合等は、下記のページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康医療部感染症対策室新型コロナワクチン接種担当

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-25-8710 ファクス番号:0283-20-3032
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年11月09日