マスク着用の考え方について

厚生労働省より、身体的距離や会話の有無に応じたマスク着用の考え方が示されました。
マスクの着用については、基本的な感染対策としての位置づけに変更はなく着用を推奨すべき場面等が明確化されたものです。
本市においても同様に取り扱うこととしますので、お知らせいたします。

1.マスク着用の考え方

マスク着用の考え方
  身体的距離が確保できる
(2m以上を目安)
身体的距離が確保できない
  屋 内(注意1) 屋 外 屋 内(注意1) 屋 外
会話を行う 着用を推奨する
(十分な換気など感染防止対策を講じている場合は外すことも可)
着用の必要はない(事例1) 着用を推奨する 着用を推奨する
会話をほとんど行わない 着用の必要はない 着用の必要はない(事例1) 着用を推奨する(事例3) 着用の必要はない(事例2)

(注意1)外気の流入が妨げられる、建物の中、地下街、公共交通機関の中など
(注意2)夏場については、熱中症防止の観点から、屋外の「着用の必要はない」場面で、マスクを外すことを推奨。
(注意3)お年寄りと会う時や病院に行く時などハイリスク者と接する場合にはマスクを着用する。
(事例1)ランニングなど離れて行う運動、鬼ごっこなど密にならない外遊び
(事例2)徒歩での通勤など、屋外で人とすれ違うような場合
(事例3)通勤電車の中

2.小学校就学前の児童のマスク着用について

2歳未満(乳幼児)は、引き続き、マスク着用は奨めない
2歳以上は、以下のとおり、オミクロン株対策以前の新型コロナウイルス対策の取り扱いに戻す。
「保育所等は、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律に求めない。なお、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスク着用を求めることは考えられる。」
(注意1)2歳以上については、2022年2月の基本的対処方針の改訂時に、オミクロン株の特徴を踏まえた対応とし、「保育所等では、発育状況等からマスクの着用が無理なく可能と判断される児童については、可能な範囲で、一時的に、マスク着用を奨める」としていた。

この記事に関するお問い合わせ先
健康医療部感染症対策室
〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-25-8131 ファクス番号:0283-20-3032
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年05月30日