新型コロナウイルスワクチンの接種全般について

新型コロナウイルスワクチンの接種を開始します

新型コロナウイルスワクチンは、生命・健康を損なうリスクの軽減や医療への負荷の軽減、更には社会経済の安定につながることが期待されています。

ワクチン接種の体制整備については、市が行うものとされております。

令和3年4月に佐野市にワクチンが到着しましたので、ワクチン接種を開始いたします。

佐野市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画について

新型コロナウイルスワクチン接種実施計画を策定しました。この計画により、市民の皆さんが速やかに、安全に接種できるよう準備を進めてまいりました。

接種は接種実施計画に沿って順番に開始します。

本市へ供給されるワクチンについて

ワクチン供給スケジュール

令和3年4月16日 ファイザー製ワクチン1箱(約1,000人に1回接種可能)

令和3年4月26日~5月9日 ファイザー製ワクチン4箱(約4,000人に1回接種可能)

令和3年5月10日~5月23日 ファイザー製ワクチン数箱(数量未定)

コールセンターの設置について

ワクチン接種において不安なこと等にお答えするため、佐野市のコールセンターを設置しています。下記の電話番号、メールアドレスにてご相談ください。

佐野市新型コロナワクチンコールセンター

電話番号 028-614-7209

メールアドレス sanovaccine@jtb.com

受付時間

午前9時30分~午後6時30分(土日・祝日を含む)

栃木県 受診・ワクチン相談センター

ワクチンの専門的な相談については、下記の栃木県のコールセンターへお問い合わせください。

新型コロナウイルスワクチンについて

ワクチンの有効性

ファイザー社の新型コロナワクチンは2回の接種によって、95%の有効性で、発熱や咳などの症状が出ること(発症)を防ぐ効果が認められています。(インフルエンザワクチンの有効性は約40~60%)

副反応について

一般的にワクチン接種後には、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。重篤な副反応は、あるとしても極めてまれと考えられています。

接種を受ける際の同意

ワクチンの接種については、強制ではありません。接種を受ける方の同意なく行われることはありません。

対象

市民 (原則として住民票のある市町村で接種します。)

接種回数

2回接種(ワクチンの種類により、3週間から4週間の間隔で接種します。)

接種費用

無料

接種会場

個別接種・・・病院や診療所など市内56の協力医療機関で接種(4月25日現在)

集団接種・・・佐野市役所、田沼中央公民館で接種

詳細は接種券に同封される「お申し込みのご案内」にてご確認ください。

接種の申込方法

接種を受けるためには、接種券(クーポン券)接種予約が必要になります。

接種券は別ページのスケジュールにて佐野市より、市民の方へ送付します。

予約の方法については、コールセンターインターネット予約システム等を準備しています。

詳細は接種券に同封される「お申し込みのご案内」にてご確認ください。

健康被害救済制度について

新型コロナワクチン接種について、健康被害が生じた場合には予防接種法に基づく救済を受けることができます。

詳細は下記、厚生労働省ホームページをご覧ください。

ワクチン接種をかたる不審電話等にご注意ください

新型コロナワクチンの接種は全市民が無料で受けることができます。

接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだまし取ろうとする電話に関する相談が消費者庁に寄せられていますので、ご注意ください。

その他

ファイザー社製のワクチンの接種対象年齢は16歳以上です。

妊娠中の方の接種ついては、主治医等とご相談ください。

外部リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康医療部新型コロナワクチン接種担当

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-25-8710 ファクス番号:0283-20-3032
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年04月30日