ファミリーday(平成29年度)

平成29年度10月21日(土曜日)の「ファミリーday」の様子

10月21日(土曜日)くずう保育園において「ファミリーday」が開催されました。

リトミックSun・Sun・Sun主宰の木村 理絵先生をお招きしてピアノや音楽に合わせてからだを動かしました。ふわふわした布をゆらしたり投げたり、ボールを使ったりバリエーション豊富に音楽であそぶことができました。

ハロウィーンが近いということで、ジャック・オ・ランタンの制作も行い子どもたちはとても喜んでいました。「生のピアノが聴けてとても楽しかったです」「どの月齢の子にもぴったりです」「土曜日ということでパパも一緒に参加できてよかったです」などとても好評でした。

赤ちゃんをお母さんの膝の上に乗せて親子で音楽を楽しんでいる写真
子ども達の頭の上でふわふわした布をゆらして楽しんでいる写真
大きなゴムボールを転がして親子で楽しんでいる写真
黄色、紫色、オレンジ色、青色のゴムボールが床に転がっていて赤ちゃんが掴んで親子で遊んでいる写真
家族4人でハロウィーンのかぼちゃを制作している写真
たくさんの家族が参加してハロウィーン制作を楽しんで、出来上がった作品を紹介している写真

平成29年度 5月13日(土曜日)の「ファミリーday」の様子

平成29年5月13日(土曜日)たぬま保育園において、「ファミリーday」が開催されました。

講師には保育者ユニット『しゃぼん玉』のお二人をお迎えし、約1時間の楽しい歌のライブが行われました。『しゃぼん玉』のお二人は保育士養成機関の先生と現場の保育士ということもあり、子どもたちの心をしっかり掴みながら、おなじみの「おやつた~べよ」やふれ合い遊びの「ドライブ」「だっこして」などの曲を楽しみ、手話ソング「えがお」では全ての子どもへの愛情にあふれた歌で、涙ぐんでいる参加者もいました。読み聞かせの時間ではギターに合わせて「ねこのピート」を楽しく読んでくれました。

参加者の皆さんは「雨の中でも来て良かった」「子どもがとても喜んでいた」などの感想をたくさんいただきました。

保護者ユニット「しゃぼん玉」の一人がギターで弾き語りをし、左の男性が拳を作って両頬に当てている写真
保護者ユニット「しゃぼん玉」の二人が、一人はクマのぬいぐるみを持って、もう一人はギターを弾いて歌を歌っている写真
しゃぼん玉の一人が絵本を読み聞かせしている写真
たくさんの親子のお客さんがしゃぼん玉の二人のライブをみている写真
しゃぼん玉の二人が一人はピースサインをして、もう一人はギターを持っている写真
この記事に関するお問い合わせ先
こども福祉部保育課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3038 ファクス番号:0283-24-2708
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年12月02日