新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告期限・納期限の延長について

新型コロナウイルス感染症の影響により、法人がその期限までに申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合には、申請していただくことにより期限の延長が認められます。

対象となる法人

法人の従業員等が新型コロナウイルス感染症に感染したようなケースだけでなく、感染症の影響を受けて、通常の業務体制が維持できないことや、事業活動を縮小せざるをえないケースなども含まれます。

延長期間

新型コロナウイルス感染症の影響により、期限内に申告・納付することが困難な法人については、本来、申告・納付ができないやむを得ない理由がやんだ日から2か月以内の日を指定して申告期限・納期限が延長されるところを、期限を区切らず延長します。
つきましては、法人の申告書等を作成・提出することが可能となった時点で、速やかに申告を行ってください。なお、申告期限・納期限は原則として申告書等の提出日となります。

申請手続き

別途、申請書等を提出していただく必要はなく、申告書の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納期限延長申請」である旨を付記していただくこととしております。
したがいまして、当初の申告期限以降に、申告書を提出する場合には、新型コロナウイルス感染症の影響による申告期限・納期限を延長する旨を以下の方法で作成していただきますようお願いします。なお、記載漏れがございますと、期限後申告として扱われますのでご注意ください。

電子申告(eLTAX)で申告書を提出する場合

申告書の所在地欄に続けて「新型コロナウイルスによる申告・納期限の延長申請」と入力してください。

書面で申告書を提出する場合

申告書の余白部分に「新型コロナウイルスによる申告・納期限の延長申請」と記載してください。

添付資料

提出された法人税の申告書の写し(新型コロナウイルス感染症による申告・納付期限の延長の旨が記載されたもの)を添付のうえ、申告してください。

納付

市から送付する納付書には当初の納期限が印字されております。納期限を過ぎて納付する場合は、金融機関に新型コロナウイルスの影響により申告・納付期限が延長されている旨をお伝えください。金融機関からのお問い合わせは市民税課市民税係(電話:0283-20-3008)の法人担当がお受けします。

この記事に関するお問い合わせ先
総合政策部市民税課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3007 ファクス番号:0283-21-2223
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年04月30日