尾花 理恵子さん

尾花理恵⼦さん

 

プロフィールの詳細
出身地 佐野市
移住年 令和3年
職業 ヨガインストラクター・アーユルヴェーダセラピスト
インスタグラム @rii_nostalgia

プロフィール

大学卒業後メーカーでITを利活用し、希少疾患や難病の早期克服を願い新規事業に11年携わりました。長時間労働や人間関係に日々悩む中、自身の持病や体調不良と向き合うためヨガを始めました。体を動かすだけでなく考え方や生き方にまで踏み込むヨガやアーユルヴェーダに魅力を感じ、2021年より神奈川県川崎市にてヨガ教室を開催し、現在は川崎市と佐野市で「自分をいたわる」を主軸にしたヨガやアーユルヴェーダのレッスンを行っています。

質問:佐野に移住したきっかけを教えてください。

回答:30歳を過ぎてから体の不調が顕在化し、働き方や生き方を見つめ直した時に、少しでも心穏やかに暮らしたい、そして身近な人たちを幸せにできるような仕事がしたいと思って、地元である佐野市に移住しました。

尾花さんのヨガ

季節を感じる自然がたくさん

質問:実際に移住してみていかがでしたか?

尾花さん東京圏での仕事

東京圏での仕事

回答:まず空がとても広くきれいなことに幸せを感じる日々です。お水やお野菜が美味しいので川崎市の生徒さんから「顔色が良くなったね」と言われました。現在も川崎や東京圏でお仕事をしていますが、高速バスで通えるので不便に思うことはありません。
時間の流れがのんびりで、丁寧で穏やかな暮らしをするのにはぴったりの場所だなと感じています。

質問:「佐野市の魅力」ってどんなところですか?

尾花さんイチゴ

とれたてのいちごは最高!

回答:東京圏との行き来がしやすいのはもちろん、市内にはスーパーや喫茶店、そして深呼吸スポットが充実しているので、わざわざどこかに出かけなくても楽しく生活ができています。また個人で事業をされていたり、楽しんで仕事をされている方が多く、前向きにチャレンジできる環境が整っています。

質問:佐野に移住を考えている方にメッセージをお願いします!

コロナ禍もあり社会全体の価値観が少しずつ変化している中、きっとこのページをを読んでくださっているのはライフスタイルの見直しを検討されているのかなと思います。佐野市は夏は暑く、冬は冷たい風の吹く町ですが、都会からの暮らしを大きく変えずに便利さを維持しつつ穏やかに暮らすことのできる町です。都会に疲れてしまったり、何か自分を変えたい、チャレンジしたいと思っている方はぜひ一度佐野市に深呼吸をしに遊びにきてください。澄んだ新鮮な空気が心と体を満たしてくれるはずです。

深呼吸にきてね

深呼吸スポットの出流原弁天池にて

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部総合戦略推進室

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3012 ファクス番号:0283-21-5120
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年06月08日