佐野FC支援作品『テセウスの船』Paraviでディレクターズカット版を配信中

2020年1月~3月にかけて放送されたTBS系の連続テレビドラマ『テセウスの船』は、佐野フィルムコミッションが支援し、佐野市内で一部撮影がおこなわれました。

東元俊哉が描く同名漫画を原作に、主人公を竹内涼真、その父を鈴木亮平が演じる注目作。ある山村で起こった殺人事件の犯人を父に持つ青年・田村心。母や兄姉を含めた加害者家族は事件後世間から身を隠すように生きてきた。だが心は、妻の言葉を受け、父が本当に事件を起こした張本人なのか、改めて調べてみることを決意し、事件現場に向かう。そこで突然の霧に包まれて……。家族の笑顔を取り戻すため、父の冤罪を証明するため、事件があった平成元年と令和の今で奮闘する主人公を追うヒューマンミステリー。人気を博した同作は、現在、動画配信サービスParaviにて、ディレクターズカット版が配信されている。

撮影風景

この記事に関するお問い合わせ先
観光スポーツ部観光立市推進課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-27-3011 ファクス番号:0283-20-3029
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2020年06月05日