保育料について

保育料

語句の説明

説明1「保育園籍」「幼稚園籍」は、次の意味で使用しています。

保育園籍

保育園や認定こども園の保育園部分を利用するお子さん

幼稚園籍

幼稚園や認定こども園の幼稚園部分を利用するお子さん

説明2「年収360万円未満相当の世帯」の定義は次のとおりです。

保育園籍で共働き世帯

世帯の市民税所得割額57,700円未満
幼稚園籍及び、保育園籍でひとり親世帯等
世帯の市民税所得割額77,101円未満

説明3「ひとり親世帯等」とは、次のいずれかに該当する場合です。

  • 母子又は父子世帯、寡婦(夫)で児童を扶養する世帯(未婚の場合も含む)
  • 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のうちいずれかの交付を受けた者が在宅で生活している世帯
  • 特別児童扶養手当の支給対象児童又は障害基礎年金等の受給者が在宅で生活している世帯

説明4「お子さん」の定義は次のとおりです。

  • 同一の世帯内で保護者が扶養する18歳未満の児童です。ただし、18歳になる年度末までの児童、また保護者が扶養する大学生等がいる場合は22歳になる年度末まで、保護者が扶養する障がい者がいる場合は20歳になる年度末まで、児童に含めます。

0~2歳児クラス

0~2歳児クラスで保育園籍のお子さんについては、保護者の方の市民税額や、年上の兄弟数等により佐野市が決定する保育料の納入が必要です。4月~8月分の保育料については前年度の市民税額により、9月~翌年3月分の保育料はその年度の市民税額により算定します。

第2子以降こども保育料無償化

  • 兄弟の年齢を問わず、上から2番目以降のお子さん ⇒ 無料
  • 世帯員に保育料や市税の滞納がないことが条件です。

3~5歳児クラス

  • 子ども・子育て支援新制度に移行している幼稚園や認定こども園を利用する3~5歳児(幼稚園籍は満3歳から)については、全世帯無料です。
  • 子ども・子育て支援新制度に移行していない幼稚園を利用する満3~5歳児については、月額25,700円を上限に保育料と入園料の一部が無償となります。

副食費の徴収免除について

3~5歳児クラス(幼稚園籍は満3歳から)で、年収360万円未満相当世帯(説明2)のお子さんと、兄弟の年齢を問わず上から数えて3番目以降のお子さんは、副食費の徴収が免除されます。
0~2歳児クラスについては、保育料の中に副食費相当分が含まれており、徴収免除とはなりません。

幼稚園児の預かり保育の無償化について

「保育の必要性」が認められる満3~5歳児クラスで幼稚園籍のお子さんが、夕方や長期休業中に預かり保育を利用する場合、日額450円×その月の利用日数を月額上限に、預かり保育料が無償化されます。(満3歳児クラスは市民税非課税世帯のみ対象)
「保育の必要性」の認定基準は、保護者が月64時間以上の就労をしているなど、保育園への入園申込み条件と同じです。 
 

この記事に関するお問い合わせ先
こども福祉部保育課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3038 ファクス番号:0283-24-2708
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年05月19日