椿田(つばきだ)城跡

椿田城跡は、市指定史跡の平城です。西側には才川が流れ、現在は用水路となる城跡を長方形状にめぐる水堀が、城の内堀だったと考えられます。内堀をめぐらす内郭と、その周囲に城地を構えていたと考えられます。内郭の規模は、東西約65メートル、南北約100メートルになり、堀の幅は、場所によって多少異なりますが、概ね2メートル程、深さは約1メートルになります。

当地は、佐野小太郎盛綱のときに、客将として招かれた福地丹波守仲久が初めて居住し、その後、仲久から四代後になる福地出羽守寧久が、永禄3年(1560)に、当城を築きました。当城は唐沢山城の南端の出城として構築され、川越・忍(おし)・館林の三城のおさえとしました。佐野氏の改易とともに廃城となり、それ以後は福地氏が名主として代々当地に居住しました。

福地家には、天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原城を攻撃する際、その臣加藤清正からの要請を受けて、天徳寺宝衍(てんとくじほうえん)が、福地氏を含む佐野家の重臣5名に命じて提出させた絵図の控えも残っており、市の指定有形文化財として佐野市立郷土博物館に保管されています。

椿田城跡 遠景
椿田城跡 現在の水堀跡
この記事に関するお問い合わせ先
教育部文化財課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-25-8520 ファクス番号:0283-20-3046
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年12月02日