山本琹谷《吉澤松堂夫妻肖像》

更新日:2021年04月04日

山本琹谷《吉澤松堂夫妻肖像》当館蔵の写真
作品情報
作品名 吉澤松堂夫妻肖像
作品名よみ よしざわしょうどうふさいしょうぞう
作者名 山本琹谷
作者名よみ やまもと、きんこく
作者生没年 文化8~明治6年(1811~1873)
制作年 江戸時代後期
寸法(センチメートル) 縦109.4、横35.4
材質技法・員数 絹本着色、双幅
備考1  
備考2  
English YAMAMOTO, Kinkoku

作品解説

石見国(島根県)津和野藩士の子として生まれました。江戸出府後に渡辺崋山のもとで学び、蛮社の獄後は一時高久靄ガイに、のち椿椿山に入門します。崋山ゆずりの人物画を得意としました。明治6年(1873)死去。

当地(佐野市葛生)の豪農で墨竹画を描いた吉澤松堂(1789~1866)と妻(1842年没)を描いています。西洋的陰影法を導入しつつ人物の内面にも迫る描写は、崋山・椿山ゆずりのものです。松堂の傍らには書籍と筆が描かれ、文雅の人として示されています。

作品展示情報

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら