コレクション

更新日:2020年04月01日

吉澤記念美術館のコレクションについて

吉澤コレクション

・当館活動の核となる吉澤コレクションは、葛生在住の旧家・吉澤家において江戸時代後期以来5代200年間にわたり形成されてきました。江戸時代後期の文人画家・高久靄ガイと親交のあった吉澤松堂(1789-1866)以来、各時代の美術の動向の一面を反映しながら収集・蓄積され、散逸することなく現在まで伝えられてきました。

・500余点からなるこのコレクションは、おおよそ下記の4つの分野で構成されます
(1)近世の絵画 (江戸時代)
(2)近代の日本画 (明治~昭和前期)
(3)現代の日本画など (昭和中期~現在)
(4)近現代の陶芸など (大正~現在)

コレクション紹介図録について

吉澤コレクションから191点を掲載した『佐野市立吉澤記念美術館コレクション選』(2012年)を発行しております。

ご購入方法はこちら。また、佐野市立図書館3館をはじめ、公共図書館にも収蔵されていますので、ご利用ください。

『佐野市立吉澤記念美術館コレクション選』(2012年)掲載作品一覧(PDFファイル:610.6KB)

佐野の美術

佐野市に関する江戸時代から現代の美術の紹介も行っています。

収蔵作品の展示について

当館では、収蔵作品を中心に、さまざまな視点から企画展示を行っています。日本美術の心やすまる世界をお楽しみください。
なお、展覧会ごとにほぼすべての作品を入れ替えますので、いずれの作品についても限られた期間の展示となっております。 「展覧会スケジュール」等にて、ご確認ください。

「おうちで吉美」はじめました(2020.9.30.)

おうちで吉美バナー

作品をさまざまな角度から楽しむWEBコンテンツです。作品のみどころ動画・簡単工作・ワークシートなど、ぜひご利用ください。

主な作品

当館所蔵品のうち、主なものを紹介しています。

画像・寸法などの基本情報・簡単な解説などを掲載しています。

(1)近世の絵画(江戸時代)

(2)近代の日本画(明治~昭和前期)

(3)現代の日本画・洋画(昭和中期~現在)

(4)近現代の陶芸など(大正~現在)

作品貸出―今年度の予定と履歴

ご注意

・展覧会の詳細は各開催会場のホームページもしくは展覧会公式サイトをご覧ください。
・会期中の一部の期間のみ展示される場合があります。
・巡回展の場合、各会場ごとに出品作品が異なる場合があります。
・都合により会期等が変更になる場合があります。

ハイブリット狩野派 狩野素川彰信とその時代

作品:狩野章信(素川彰信)《観音図》および寄託品 計5点

会場:静岡県富士山世界遺産センター展覧会ページ

会期:2020年10月24日(土曜日)~12月6日(日曜日)

 

和巧絶佳~令和時代の超工芸(巡回展各会場で展示)

作品:山本茜 《截金硝子香合 「ふくら梅」》《源氏物語シリーズ第四十帖 「御法」》(いずれも寄託作品)

展覧会情報:「和巧絶佳」公式web

【東京会場】

会場:パナソニック汐留美術館

会期:2020年7月18日(土曜日)~9月22日(木曜祝日)【終了】

以下、宮崎・京都に巡回予定

奇才―江戸絵画の冒険者たち―(山口会場のみ)

作品:伊藤若冲 《菜蟲譜》
会場:山口県立美術館(山口会場のみ)
会期: 2020年7月7日(火曜日)~8月30日(日曜日)終了しました
展覧会情報:「奇才」公式web

作品情報の検索について

当サイト内に掲載された作品・作者名については、下記の方法で検索をかけることができます。ご利用ください。


(1)スマートフォン等の場合

画面右上の三本線の「MENU」を押す→「佐野市トップへ」を押す→画面上の「検索(虫メガネマーク」を押す→検索窓内にお探しの作品名・作者名等を入力、「虫メガネマーク」を押す。

(2)PC等の場合

画面右上の「佐野市トップへ」を押す→画面右上の検索窓内にお探しの作品名・作者名等を入力、「虫メガネマーク」を押す。

(3)PDF検索

上記の「検索結果」画面で、「ファイル形式」を「HTML」から「PDF」に選択し直す。

過去の展示リストなど、PDF内の文字を探すことができます。

刊行物

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら