コレクション

更新日:2020年02月07日

吉澤記念美術館のコレクションについて

吉澤コレクション

・当館活動の核となる吉澤コレクションは、葛生在住の旧家・吉澤家において江戸時代後期以来5代200年間にわたり形成されてきました。江戸時代後期の文人画家・高久靄ガイと親交のあった吉澤松堂(1789-1866)以来、各時代の美術の動向の一面を反映しながら収集・蓄積され、散逸することなく現在まで伝えられてきました。

・500余点からなるこのコレクションは、おおよそ下記の4つの分野で構成されます
(1)近世の絵画 (江戸時代)
(2)近代の日本画 (明治~昭和前期)
(3)現代の日本画など (昭和中期~現在)
(4)近現代の陶芸など (大正~現在)

佐野の美術

佐野市に関する江戸時代から現代の美術の紹介も行っています。

収蔵作品の展示について

当館では、収蔵作品を中心に、さまざまな視点から企画展示を行っています。日本美術の心やすまる世界をお楽しみください。
なお、展覧会ごとにほぼすべての作品を入れ替えますので、いずれの作品についても限られた期間の展示となっております。 「展覧会スケジュール」等にて、ご確認ください。

主な作品

(1)近世の絵画(江戸時代)

(2)近代の日本画(明治~昭和前期)

(3)現代の日本画・洋画(昭和中期~現在)

塚原哲夫《聖堂》

塚原哲夫《聖堂》

松本哲男《風の景》

松本哲男《風の景》

(4)近現代の陶芸など(大正~現在)

島田文雄《彩磁三光鳥文大皿》

島田文雄《彩磁三光鳥文大皿》

作品貸出

2019年度の作品貸出の予定と履歴
作家名 作品名 展覧会名 会場 会期
塚原哲夫 《弦楽四重奏》など当館収蔵作品10余点

小山市制65周年・開館10周年「塚原哲夫日本画展」

小山市立車屋美術館  2019年
4月27日(土曜日)
~ 6月9日(日曜日)

・展覧会の詳細は各開催会場のサイトをご覧ください。
・会期中の一部の期間のみ展示される場合があります。
・巡回展の場合、各会場ごとに出品作品が異なる場合があります。
・都合により会期等が変更になる場合があります。
 

刊行物

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら