高間惣七《紅冠鳥(幸)》

更新日:2020年06月08日

高間惣七《紅冠鳥(幸)》当館蔵の写真
作品情報
作品名 紅冠鳥(幸)
作品名よみ こうかんちょう(さち)
作者名 高間惣七
作者名よみ たかま、そうしち
作者生没年 明治22~昭和49年(1889~1974)
制作年 昭和41年(1966)
寸法(センチメートル) 縦91.5、横117.5
材質技法・員数 キャンバス、油彩・コラージュ
備考1  
備考2  
English TAKAMA, Soshichi

作品解説

東京生まれ。大正5年(1916)東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科卒業。在学中に文展初入選、以降官展に出品しました。同13年(1924)槐樹社を創立。昭和30年(1955)独立美術協会へ参加しました。同49年(1974)死去。

高間は小鳥を愛し、アトリエでさまざまな種類の小鳥を飼っていたといいます。紅冠鳥(カーディナル)のつがいを描き、鳥の形と響き合うような色面を配しています。原色の美しさを生かし、「幸」という副題にふさわしい和やかな画面を作り出しています。

作品展示情報

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら