小倉芳司《爽涼》

更新日:2021年03月25日

小倉芳司《爽涼》当館蔵の写真
作品情報
作品名 爽涼
作品名よみ そうりょう
作者名 小倉芳司
作者名よみ おぐら、よしじ
作者生没年 明治42~平成18年(1909~2006)
制作年 昭和14年(1939)
寸法(センチメートル) 縦176.2、横168.6
材質技法・員数 紙本着色、二曲一隻
備考1  
備考2  
English OGURA, Yoshiji

作品解説

明治42年(1909)佐野市出流原町生まれ。昭和2年(1927)上京、小堀鞆音(佐野出身)、のち川崎小虎、戦後は東山魁夷に師事しました。同14年(1939)第3回新文展初入選。同55年(1980)日展会友推挙、栃木県文化功労者章。戦前は阿佐ヶ谷、戦後は妻の郷里・足利に住みました。平成18年(2006)死去。同21年(2009)佐野市立吉澤記念美術館で「小特集 小倉芳司」を開催。

新文展初入選作。発表時やや横長だった画面を切り詰めて屏風装としています。夏の宵、竹藪にカラスウリの白い花が咲く情景を描く涼しげな作品です。吉澤家では夏期の来客を迎えるしつらいとして活用されたといいます。戦後の樹木を主とした夢幻的な画風と趣を異にする初期の代表作です。画家は、平成14年(2002)の当館開館により63年ぶりに本作と再会しました。

作品展示情報

「画面のモンダイ」展前期(2021年9月18日~10月24日)で展示予定

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら