吉澤松堂《風竹図》

更新日:2021年03月29日

吉澤松堂《風竹図》当館蔵の写真
作品情報
作品名 風竹図
作品名よみ ふうちくず
作者名 吉澤松堂
作者名よみ よしざわ、しょうどう
作者生没年 寛政元~慶応2年(1789~1866)
制作年 天保12年(1841)
寸法(センチメートル) 縦133.0、横60.0
材質技法・員数 紙本墨画、一幅
備考1 高久靄ガイ賛
備考2  
English YOSHIZAWA, Shodo

作品解説

寛政元年(1789)下野国葛生町(現・栃木県佐野市)生まれ。酒の醸造などを行う家業の傍ら、墨竹を描き、画家の高久靄ガイや豪商・収集家の大橋淡雅と親交をもちました。明治維新直前の慶応2年(1866)死去。

風に吹かれる竹を松堂が描き、高久靄ガイが竹に囲まれた書斎の涼しさをうたう詩句を書き添えています。松堂は落款とともに「法梅道人」と記しており、中国「元末四大家」の一人で墨竹の名手・呉鎮の画法に倣ったことを示しています。

 

(注)ガイは崖のやまかんむりの無いもの

作品展示情報

今後の展示は未定です。

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら