村岡応東《奥の旅の一と夜》

更新日:2021年03月29日

村岡応東《奥の旅の一と夜》当館蔵の写真
作品情報
作品名 奥の旅の一と夜
作品名よみ おくのたびのひとよ
作者名 村岡応東
作者名よみ むらおか、おうとう
作者生没年 明治6~昭和21年(1873~1946)
制作年 大正9年(1920)
寸法(センチメートル) 縦235.2、横85.5
材質技法・員数 絹本着色、一幅
備考1  
備考2  
English MURAOKA, Oto

作品解説

明治6年(1873)東京生まれ。歴史画で知られた松本楓湖に学び、今村紫紅の先輩格の画家です。巽画会・烏合会を中心に作品を発表しました。第4回の文展で褒状を受けて以降官展を活躍の場とします。昭和21年(1946)死去。

本作は大正9年(1920)の第2回帝展出品作です。松尾芭蕉『奥の細道』の一場面を描きます。芭蕉は市振の宿(新潟)で、伊勢参りに向かう遊女たちが嘆く声を漏れ聞き「一家に遊女もねたり萩と月」と詠みました。ぼかしの多用や粒子の粗い岩絵具、暗い画面の中で明るい部屋を際立たせる手法など、大正期らしい作風を示しています。

作品展示情報

今後の展示は未定です。

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら