佐伯守美《練上象嵌樹木文花瓶》

更新日:2021年03月25日

佐伯守美《練上象嵌樹木文花瓶》当館蔵の写真
作品情報
作品名 練上象嵌樹木文花瓶
作品名よみ ねりあげぞうがんじゅもくもんかびん
作者名 佐伯守美
作者名よみ さえき、もりよし
作者生没年 昭和24~(1949~)
制作年 平成2年(1990)
寸法(センチメートル) 横20.7、高37.4、奥行16.1
材質技法・員数 陶磁
備考1  
備考2  
English SAEKI, Moriyoshi

作品解説

昭和24年(1949)宇都宮市生まれ。父は彫刻家・佐伯留守夫。同52年(1977)東京藝術大学大学院陶芸専攻修了。在学中の同51年(1976)、日本伝統工芸展に入選、以後同展を活動の場とします。日本工芸会正会員、一水会陶芸部会員。

器の表面に溝を彫って色の違う土を埋める「象嵌」で木を表現する作品で知られます。多彩な釉薬を掛け分ける「釉彩」を併用することで変化にとんだ色彩を導入し、夕映えや湖面を表現するのも基本的なスタイルです。比較的早い時期の本作は、練り込みで複数の色彩を導入しています。

作品展示情報

今後の展示は未定です。

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら