陶芸体験教室「器に描く若冲」

更新日:2022年10月05日

 

開催概要
講師 迎泰夫氏(陶芸家)
開催日 2022年10月1日(土曜日)午後1時~午後4時
内容 カップに菜蟲譜のモチーフを絵付け(下絵付)します。完成作品は後日受け取りとなります。
定員 15名(低学年は保護者同伴)
費用 参加費3,000円
申込 申込先着順
申込方法 電話またはお問い合わせフォーム(ページ下端)
美術館住所 佐野市立吉澤記念美術館
〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-84-3655
関連ページ コレクションは文化のタイムカプセル展

今回の様子

20221001陶芸教室1
20221001陶芸教室02
20221001陶芸教室3
20221001陶芸教室04

コレクションは文化のタイムカプセル」展(前期)で展示中の伊藤若冲《菜蟲譜》にちなんで、陶芸体験教室「器に描く若冲」を開催しました。

当館の陶芸体験教室では、陶芸家・迎泰夫先生のご指導のもと、作品や展覧会に関連づけながら毎回さまざまな技法・器で実施しています。

今回は《菜蟲譜》から人気の野菜、「かぼちゃ」と「なす」をどのように配置するかを考え、撥水剤による縁取りと下絵付けを体験しました。3時間の短い時間ですが、個性豊かなカップが出来ました。ここからは先生にお預けして施釉・焼成した完成品を楽しみに待ちます。

ところで今回は撥水剤でモチーフの周りを無彩色にしましたが、若冲の初期作を除くほとんどすべての絹本作品(絹地に描いた作品)は、モチーフの周りを細く塗り残しつつ背景に淡墨を刷いています。また、「かぼちゃ」や「なす」の彩色はまるで水墨画のように筆のタッチを活かしています。そんな原本の魅力にも気づいていただければ幸いです。(す)

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら