天狗岩(てんぐいわ)

青い空の下に山々や民家が見える天狗岩からの眺望写真

皆さんは「唐沢山」と聞き、そそり立つ岩山、緑の松、見事な眺望等を思い出される方も多いのではないでしょうか。天狗岩はこうしたイメージを象徴する場所と言っても良いでしょう。

天狗岩は山頂にあるレストハウスのすぐそばにあります。駐車場から城内に向って、石垣を伴う土塁で狭められた入口を鉤の手に折れ、右手に進むと天狗岩への登り口があります。天狗岩は「大険山」とも例えられる岩山ですが、ここからは比較的容易に登ることができます。

上に登ると、まず、南側の視界が広がります。回り込むと、東側の視界も良好です。この両方向では、唐沢山城跡と関係の深い遺跡が多くあります。天狗岩の頂はその眺望の良さを活かし、広く周囲を見張る役割を果たしたものと考えられます。更に、立地的条件を活かし、眼下にある鏡岩や石垣を伴う土塁の入口を通る侵入者に対して、効果的に攻撃を加えることも可能となります。

また、「東西南北目付」という史料によると、天狗岩の裏に大筒が掛けられていたという興味深い記述もあります。天狗岩周辺の軍事的役割の重要性を示すものでしょう。

この記事に関するお問い合わせ先
教育部文化財課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-25-8520 ファクス番号:0283-20-3046
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年12月02日