盛綱と本光寺

木々の間から下を眺めると真ん中に秋山川が流れており右手に山があり左側は河川敷が広がっている写真

関東では、古河公方と関東管領・上杉氏が対立した享徳の乱(康正元年~文明15年)により、戦国時代に入り、佐野氏も古河公方方の武将方として戦乱に巻き込まれていきます。このような情勢のなかで、佐野盛綱は唐沢山城の改修を行うとともに、麓の栃本周辺の整備を進め、これまでの清水城(吉水町)から拠点を移していったと考えられます。

文亀二年(1502)、盛綱により唐沢山城の北方に位置する青柳山麓の大黒沢(別名を本光沢)に、本光寺が創建されます。「本光寺開創記」には、創建の経緯が、佐野氏と忍(行田市)の成田氏との戦いの様子とあわせて記されています。

大永七年(1527)に盛綱が没し、その廟所(墓所)が本光寺に築かれると、以後の佐野氏歴代の廟所も築かれていき、菩提寺として栄えます。しかし、佐野氏の改易後に取り壊され、その後、栃本町の現在の場所に再建されます。

現在、大黒沢の本光寺跡地を訪れると、秋山川沿いに切り立った断崖の上に立地して眺望がきくことや、土塁状の地形もわずかに残っていることから、実際には防御施設としての性格も有していたようであり、戦乱の世に創建された寺院であったことを、あらためて実感することができます。

この記事に関するお問い合わせ先
教育総務部文化財課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-25-8520 ファクス番号:0283-20-3046
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年12月02日