専門家の史料調査

机の上に並べられた古地図や古文書などの資料を眺めている4名の調査員の写真

唐沢山城跡国指定史跡化調査事業における史料調査について、11月1日号でご紹介しました、市教育委員会の古地図などの調査のほかに、専門家の古文書の調査もあわせて実施しました。

平成22年5月から25年3月までのおよそ3年間、松本一夫さん(現小山南高校教頭)をはじめ、文献史学の専門家4名を史料調査員に委嘱して、協力をお願いしました。

この間、唐沢山城や佐野氏に関する史料について、市内に所在するものだけではなく、市外や県外に所在するものまでも広く収集していただき、専門的な視点から調査していただきました。

その調査成果については、中世から近世までの古文書や系図などを約500点も収録した『唐沢山城跡調査報告書別冊史料集』として、取りまとめていただくことができました。

この『史料集』の刊行がきっかけとなり、今後、佐野という地域の歴史研究が盛んになっていくことが期待されます。

この記事に関するお問い合わせ先
教育部文化財課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-25-8520 ファクス番号:0283-20-3046
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年12月02日