医療費の自己負担割合について

お医者さんにかかるときに、医療機関の窓口で支払う医療費の自己負担割合は、かかった医療費の1割もしくは3割(現役並み所得者:注釈1)です。(自己負担割合は、保険証に明記されています)

(注釈1)現役並み所得者とは住民税課税所得が145万円以上の後期高齢者医療被保険者および同一の世帯に属する後期高齢者医療被保険者の方です。(基準収入額適用の該当となる被保険者については、申請により負担割合が1割となります。)

基準収入額適用となる方

負担割合が「3割」となる現役並み所得者のうち、下記の要件に該当する方は、申請により申請日の翌月から「1割」に軽減されます。

要件

収入(注釈)の合計額が下記の基準に満たない場合

  1. 世帯内に本人以外の後期高齢者医療被保険者がいる場合:520万円未満
  2. 世帯内に本人以外の後期高齢者医療被保険者がいない場合
    1. 後期高齢者医療制度被保険者本人の収入額:383万円未満
    2. 世帯内の70歳~74歳の方を含めた収入額:520万円未満

(注釈)収入とは、前年の所得税法上の収入金額(退職所得に係る収入金額を除く)であり、必要経費や公的年金等控除、基礎控除などの控除金額を差し引く前の額。

この記事に関するお問い合わせ先

健康医療部医療保険課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号
(年金係):0283-20-3019
(国保係、長寿医療係):0283-20-3024
ファクス番号:0283-21-3254
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年04月01日