要配慮者利用施設における避難確保計画の作成等の義務化について

要配慮者利用施設の所有者・管理者の皆様へ

水防法等の一部を改正する法律(平成29年法律第31号)の施行により、要配慮者利用施設の避難体制の強化を図るため『水防法』及び『土砂災害防止法』が平成29年6月19日に改正されました。

浸水想定区域及び土砂災害警戒区域内に位置し、佐野市地域防災計画にその名称及び所在地が定められた要配慮者利用施設の所有者または管理者に次の事項が義務付けられました。

  • 避難確保計画の作成
  • 避難確保計画作成(変更)の市町村長への報告
  • 避難訓練の実施 

要配慮者利用施設とは

 要配慮者利用施設とは、社会福祉施設、学校、医療施設、その他の主として防災上の配慮を要する方々が利用する施設です。対象施設の所有者または管理者におかれましては、避難確保計画の作成及び報告、訓練実施等の取り組みをお願いいたします。

また、浸水想定区域及び土砂災害警戒区域内に位置し、佐野市地域防災計画にその名称及び所在地が定められた要配慮者利用施設は次の方法で確認ができます。

  • 佐野市地域防災計画資料編
  • ハザードマップの要配慮利用施設一覧のページ
  • 危機管理課へ問合せ(電話0283-20-3056)

避難確保計画の作成について

避難確保計画は、水害や土砂災害が発生するおそれがある場合における、利用者の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な防災体制や訓練などに関する次の事項を定めた計画です。

  • 防災体制に関する事項
  • 利用者の避難の誘導に関する事項
  • 避難の確保を図るための施設の整備に関する事項
  • 防災教育及び訓練に関する事項
  • その他、円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な措置に関する事項
  • 自衛水防組織の業務に関する事項(水防法に基づき自衛水防組織を置く場合に限る)

要配慮者利用施設の所有者または管理者の方は、次の雛形をダウンロードして計画を作成してください。

避難確保計画の報告について

要配慮者利用施設の所有者または管理者の方は、計画を新規作成または一部変更しましたら、次の避難確保計画作成(変更)報告書をダウンロードして必要事項を記入のうえ、避難確保計画を2部添付し、危機管理課へご提出ください。

避難訓練の実施について

要配慮者利用施設の所有者または管理者の方は、年1回以上、出水期前を中心に実施をしてください。出水期とは、集中豪雨(梅雨)、台風等洪水が起きやすい時期を指します。
また、訓練と併せて次の項目について職員研修の実施をお願いいたします。

  • 洪水や土砂災害の危険性について
  • 情報収集の方法及び伝達体制について
  • 避難の判断及び避難の誘導方法ついて
  • 避難確保計画の周知について  

避難確保計画等に関するQ&A

避難確保計画等に関するQ&Aについて、要配慮者利用施設の所有者または管理者の方にお知らせする事項がありましたら更新いたします。

  • 現在、Q&Aはありません
この記事に関するお問い合わせ先

行政経営部危機管理課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3056 ファクス番号:0283-22-9104


お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年12月02日