特殊詐欺、はやりの手口は「キャッシュカード詐欺盗」です!

令和2年中、佐野市内でもっとも被害の多かった手口が、「キャッシュカード詐欺盗」と呼ばれる、キャッシュカードをだまし盗る手口です。
14件の被害のうち7件が、この手口によるものです。

「キャッシュカード詐欺盗」とは?

具体的な例としては、

  1. 偽物の警察官から、「あなたのキャッシュカードが犯罪に使われている」などと皆さんの自宅に電話(いわゆる「アポ電」)が架かってきます。
  2. 信じて話を聞いてしまうと、偽物の警察官が、皆さんのお宅を訪問する流れになります。
  3. 訪問してきた偽物の警察官が、皆さんにキャッシュカードの提示を求めます。
  4. 提示すると、そのキャッシュカードを封筒に入れたうえ、「印鑑を持ってきてください」などと言って、皆さんをその場から離れさせます。
  5. 皆さんが離れたすきに、封筒に入れたキャッシュカードを、別のカードにすり替えます。
  6. 印鑑で封筒に封印を施し、「保管しておいてください」などと言って皆さんに返します。
  7. キャッシュカードが手元にあると安心している皆さんに暗証番号などを聞き出し、すり替えてだまし取ったキャッシュカードで預金を引き出し、盗んでしまいます。

     

 といった流れです。
いろいろなパターンがありますが、だいたいこのような展開になります。
警察官のほか、金融機関や役所の職員を名乗る場合もあります。

被害に遭わないために

「電話に出ない対策」が確実!

オレオレ詐欺など、特殊詐欺の手口は、日々変化しています。
しかし、特殊詐欺の多くが、皆さんの自宅電話に架かってきていることに変わりはありません。

これをシャットアウトするには、そもそも「電話に出ない」という対策が簡単、確実です。

「電話に出ない対策」とは?

具体的には、

  1. 常に留守番電話に設定しておき、知人などの電話のみ返信する。
  2. お持ちの電話に、「特殊詐欺撃退機器」を取り付ける。
  3. 特殊詐欺撃退機能付きの電話機に交換する。

という方法があります。
佐野市では、特殊詐欺撃退器の無償貸出をしています。

もし留守番電話に警察や金融機関を名乗るメッセージが残っていても、その電話にそのまま返信することなく、家族や市役所などにご相談ください。

キャッシュカードは手渡さない、暗証番号は教えない

市役所職員はもちろん、警察官や金融機関の職員がお宅に伺い、キャッシュカードの提示を求めたり、まして暗証番号を聞くことは絶対にありません。
電話や訪問で、相手がそれを求めてきたら、「詐偽だ!」と確信してください。

「キャッシュカードは手渡さない」「暗証番号は教えない」で、詐偽被害防止!

この記事に関するお問い合わせ先

行政経営部危機管理課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3056 ファクス番号:0283-22-9104


お問い合わせフォームはこちら

更新日:2021年08月16日