獣害用電気柵(イノシシ、シカ用など)について

電気柵は野生獣害対策の有効な手段として、普及していますが、電気を使用していることから設置の仕方や使用方法など事故防止に向けた安全確保が重要です。

  1. 電気柵を使用する方は、感電防止のための適切な措置を講じ、下記の点に注意して設置、管理してください。
    • (1) 取扱説明書等を熟読するなど、性質、性能を理解したうえで設置すること。
    • (2) 電気柵を設置する場合は、周囲の人が見やすい位置や間隔に、見やすい文字で危険表示を行うこと(危険表示板を設置してください)。
  2. 電気柵を見かけたら、むやみに、「ふれない、さわらない」ようにしてください。
  3. 電気柵が設置されている場所には、なるべく立ち入らないようにしてください。
この記事に関するお問い合わせ先
産業文化部農山村振興課

〒327-0398
栃木県佐野市田沼町974-3(田沼行政センター)
電話番号:0283-61-1163 ファクス番号:0283-61-1142
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年12月02日