松本哲男《風の景》

更新日:2020年06月08日

松本哲男《風の景》当館蔵の写真
作品情報
作品名 風の景
作品名よみ かぜのけい
作者名 松本哲男
作者名よみ まつもと、てつお
作者生没年 昭和18~平成24年(1943~2012)
制作年 平成16年(2004)
寸法(センチメートル) 縦272.0、横211.0
材質技法・員数 紙本着色
備考1 第89回院展
備考2 作家遺族寄贈
English MATSUMOTO, Tetsuo

作品解説

松本哲男は佐野市生まれ。陶芸家・島田文雄は実弟。佐野高校卒業後、塚原哲夫に師事。昭和43年(1968)宇都宮大学教育学部美術科卒業。同44年(1969)院展初入選。今野忠一、郷倉千靭に師事。同58年(1983)院展同人推挙。平成18年(2006)から東北芸術工科大学学長、同24年(2012)から名誉学長。同18年(2006)佐野市立吉澤記念美術館で「松本哲男展」開催。同24年(2012)死去。

世界三大瀑布シリーズなど巨大な画面に描く壮大な作品で知られる松本が、十年にも及ぶ同シリーズ終了後、次の主題を模索していた時期に描かれた作品です。奥日光・湯ノ湖が霧に閉ざされる前の一瞬を描いた本作は、それまでの作品とは打って変わり、新たな方向性を示しました。

作品展示情報

今後の展示は未定です。

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら