補助・支援制度が充実!

こどもの医療費を助成!

高校3年生相当(18歳)までのお子さんが、病気やケガで健康保険が適用になる診療を受けた場合の医療費(自己負担分)を市が助成します。所得制限はありません。

妊産婦の医療費を助成!

妊産婦健診だけでなく、病気やけがなど、健康保険が適用になる診療を受けた場合の医療費(自己負担分)を、市が助成しています。全国でも、実施している自治体はまだまだ少数です。

第3子以降のお子さんを出産した方に10万円を支給!

第3子以降のお子さんを出産した方(配偶者)に、1人つき10万円を支給する「子宝祝金」制度を行っています。(要件あり)

第3子以降の保育料を免除!

3人目以降のお子さんが保育園に入園する場合、保育料が免除されます。

  • 詳しくは保育課(0283-20-3038)へお問い合わせください。

不妊治療・不育症治療費を助成!

不妊治療だけでなく、不育症治療を受けられたご夫婦の保険適用外となった治療費の一部も助成します。(要件あり)

養育医療給付

赤ちゃんの出生時の体重が2000グラム以下または、身体の発育が未熟なまま出生した乳児で、指定医療機関の医師が入院、養育の必要を認めた場合、保険診療の自己負担分について負担しています。

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部総合戦略推進室

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3012 ファクス番号:0283-21-5120
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2022年06月17日