景観まちづくり

本市では、景観法に基づき、平成23年11月21日に「水と緑と万葉のまち景観計画」を策定しました。景観計画では、「水と緑と万葉の景に彩られ、人々が快適に暮らすまち」を基本理念に、市民、事業者、市が、地域の良好な景観の形成を推進していくことを定めています。

景観計画の運用については、「佐野市水と緑と万葉のまち景観条例」「佐野市水と緑と万葉のまち景観規則」をもとに、取り組んでいます。

また、一定規模以上の建築物を建築する場合などは、建物の形態・意匠、色彩等について景観形成基準に適合するよう届出をしていただくことになります。

届出にあたっては、届出書、景観形成基準チェックリスト、添付図書を1部提出してください。

「佐野駅南地区の景観形成ガイドライン(考え方と基本方針)」を策定しました

平成28年2月に「佐野駅南地区の景観形成ガイドライン(考え方と基本方針)」を策定しました。

駅南地区を3つのゾーンに分け、各ゾーンの個性を活かした景観形成を目指すための基本方針を示しています。
今後は、この基本方針をもとに地区や通りに応じた細やかなルール(基準)をつくっていきましょう。

一定規模以上の建築物を建築する場合などは、建物の形態・意匠、色彩等について景観形成基準に適合するよう届出をしていただくことになります。

この記事に関するお問い合わせ先
都市建設部都市計画課

〒327-8501
栃木県佐野市高砂町1
電話番号:0283-20-3100 ファクス番号:0283-20-3035
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年12月02日