佐野市消防本部
本部紹介119番について火災予防救急申請書・届出統計消防団等KIDSページリンク集
 
 
HOME > 救急 > 我が家でできる応急処置
救急
我が家でできる応急処置
救急車がくるまでに

■ 我が家で出来る応急処置 ■

【応急手当の重要性】

救急車が要請を受けてから現場に到着するまでの平均時間は、全国平均で8分間以上かかります。もし、救急車が来るまで手をこまねいていては、助かる命も助けられないことになります。

尊い生命を救うためにその場に居合わせた人の応急手当が大きな意味を持ちます。


応急手当には3つの目的があります

    傷病者の命を救う(救命)

  • 心肺停止患者に対する心肺蘇生法
  • 大出血に対する止血法
    現在以上に病気やケガを悪化させない(悪化防止)

  • 医師の治療をすぐに受ける場合は、原則として薬は与えない。
    ただし、発作の場合など事前に医師からの指示を受けているときは指示に従い薬を用います。
  • 傷病者を動かしたり、姿勢を変える。
    手当を行う人が一方的に決めつけないで、傷病者が望む最も楽な方法で姿勢を変えます。
    必要な手当を行うとともに、励ましの言葉をかける 苦痛の軽減

  • 応急手当は傷病者の状態を見ながら行い、苦痛を与えないようにします。
  • 「頑張ってください。」などと声をかけて元気付けをします。
  • 傷病者の不安を取り除くように、できるだけ静かにします。



■ 救命の連鎖(チェーン オブ サバイバル)

  • 心停止の予防 : 突然死の可能性のある傷病を未然に防ぐ。
  • 早期認識と通報 : 心停止の早期認識と119通報。
  • 一次救命処置 : バイスタンダーによる心肺蘇生と除細動。
  • 二次救命処置と心拍再開後の集中治療 : 専門的な治療。
応急手当(救命手当)

 傷病者が意識障害、呼吸停止、心停止もしくはこれに近い状態に陥ったとき、呼吸及び循環を補助し、傷病者を救命するために行う手当です。

 心肺蘇生法(成人:16歳以上)
心肺蘇生法(成人:8歳以上)


【反応の確認】

  • 肩を軽くたたきながら、「大丈夫ですか?」とか「もしもし」と大きな声で呼びかける。 (名前がわかれば、名前を呼ぶ)
↓反応がない

  ↓反応がある
  • 訴えを聞き必要な応急手当を行う
  • 狭心症や心筋梗塞、脳卒中が疑われれば躊躇せず救急車を要請する

  • 周囲の人に助けを求め「119番通報して救急車を呼んで下さい!」と最初に来た人(1人を特定する)にお願いする。

【呼吸の確認】

  • 傷病者のそばに座り、10秒以内で傷病者の胸や腹部の上がり下がりを見て普段どおりの呼吸をしているか判断する。
正常な呼吸(普段どおりの息)をしているか?
↓していない












↓している

  • 反応はないが正常な呼吸(普段どおりの息)をしているときは気道確保を続けて救急車を待ちます。
  • 嘔吐がある場合や、やむを得ずそばを離れるときは回復体位にします。
  • 傷病者を横向きにして、上側の足を90度曲げると、後ろに倒れません。
【胸骨圧迫(心臓マッサージ)】

  • 直ちに胸骨圧迫を開始し、全身に血液を送ります。
  • 胸の真ん中を、重ねた両手で「強く、速く、絶え間なく」圧迫します。


  • 胸の真ん中に、片方の手の付け根を置きます。  
  • 他方の手をその手の上に重ねます(A両手の指を組むと、より力が集中します。)


  • 肘をまっすぐに伸ばして手の付け根の部分に体重をかけ、傷病者の胸が少なくても5cm沈むほど強く圧迫します。
  • 少なくても1分間に100回の速いテンポで30回連続して絶え間なく圧迫します。
  • 圧迫を緩めるときは、胸がしっかり戻るまで十分に圧迫を解除します。


【気道の確保】

  • 片手(頭側)を額に当て、もう一方の手の人差指と中指の2本を、あご先にあて、頭を後ろにのけぞらせ、あご先を上げます。


【人工呼吸(口対口人工呼吸法)】

  • 気道を確保したまま、額に当てている手の親指と人差指で鼻をつまむ。
  • 口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息を約1秒かけて吹き込みます(吹き込みながら傷病者の胸が持ち上がるのを確認します)。
  • いったん口を離し、同じ要領でもう一回吹き込みます。
(注)1回目の吹き込みで胸が上がらなかった場合、もう一度気道確保をやり直し、吹き込みを試みます。
2回目でうまく胸が上がらない場合、すぐに胸骨圧迫に進みます。


【心肺蘇生法(胸骨圧迫と人工呼吸を組み合わせ)を継続する】

  • 胸骨圧迫を30回連続して行った後に、人工呼吸を2回行います。
  • 胸骨圧迫30回:人工呼吸2回(30:2のサイクル)を絶え間なく続けます。
  • 疲れるので、救助者が2人以上いる場合は2分間(5サイクル)で交代します。
 (注)心肺蘇生法を中止するのは
 @傷病者がうめき声を出したり、普段どおりの息をし始める。
 A救急隊が到着し中止の指示があった場合。


止血法

止血法とは、おもに外傷による外出血に対する救命手当をいい、直接圧迫止血法が基本です。

【直接圧迫止血法】
  • 出血している部位に、直接清潔なハンカチ、ガーゼ等を当て、手で圧迫します。
(注)感染防止のため、止血する際は、ゴム手袋、ビニール袋などで手を覆い実施してください。


←戻る このページのトップへ  
佐野市消防本部