ヨルコレ―夜の美術―(2022年7月16日~8月28日)

更新日:2022年06月09日

開館20周年記念・収蔵企画展  コレクション選展2「ヨルコレ―夜の美術―」 

ヨルコレ展バナー

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予告なく会期等が変更となる場合がございます。

開館状況等につきましてはご来館前にご確認ください。

展覧会情報

コレクション選展2「ヨルコレ―夜の美術―」

1.会場:佐野市立吉澤記念美術館

2.会期:2022年7月16日(土曜日)~8月28日(日曜日)

3.休館日:毎週月曜日(7月18日は開館)、祝日の翌日(7月19日、8月12日)

4.開館時間:午前9時30分~午後5時

5.観覧料:一般:520円(470円)

  • ( )内は20名以上の団体料金
  • 障害者手帳等をお持ちの方とその介添者1名・大学生以下無料(要障害者手帳等・学生証の提示)
  • 団体以外は来館予約不要。混雑状況によっては入場制限を行う場合がございます
  • 現金のみ

6.夜間無料開館 :8月11日(木曜日・祝日)ナイトミュージアム

  • 当日は午後5時から午後7時まで観覧が無料となります

展覧会の概要

当館では、日本の美術を親しみやすい視点で紹介する収蔵品展を継続的に企画・開催してきました。本年は開館20周年を記念し、吉澤コレクションの特色あるテーマを2回に分けて紹介するコレクション選展を開催します。近世から現代までの絵画・工芸作品によって形成される吉澤コレクションには、まだまだ多彩な魅力が秘められています。両展では、コレクションを通して広がる作品の世界へ皆さまを誘います。


コレクション選展2「ヨルコレ―夜の美術―」

2回目のテーマは「夜」。夜空に浮かぶ月、夜に咲く花、夜を過ごす人々など、コレクションの中から夜が舞台の絵画・工芸作品を集めて紹介します。彩磁作家・齊藤勝美(宇都宮市出身)の代表的なモチーフである月下美人の作品を特集するほか、夜にまつわる夢や闇夜を照らす灯の光、夜明けがテーマの作品もあわせて展示します。いつもとは異なる幻想的な夜の美術館をお楽しみください。

 

コレクション選展1「タキコレ―滝の美術―」はこちら

主な展示予定作品

齊藤勝美《彩磁月下美人文香炉》

齊藤勝美《彩磁月下美人文香炉》

寺崎広業《夜之富士》、村岡応東《奥の旅の一と夜》、菊池契月《良宵》、小倉芳司《春の宵》、奥田元宋《多摩秋映》、松本哲男《三毳・月光》、板谷波山《天目茶碗  銘「黎明」》、藤田喬平《飾筥「夢殿」》、齊藤勝美《彩磁月下美人文香炉》

 

・特に記載のないものは当館蔵(吉澤コレクション)。★は当館初公開作品

・予告なく内容・展示作品が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください

会期中の催し物

夏休み 美術館でおはなし会~夜の世界のはじまり~

図書館(おはなし会)と美術館(鑑賞会)を楽しむ子供向けの夏休みイベントです。

日時:8月6日(土曜日)午前10時30分~午前11時30分

会場:吉澤記念美術館(交流センター・展示室)

定員:5組(対象:小学生と保護者1名)、参加費無料

申込:先着順。7月6日(水曜日)午前9時から、葛生図書館へ直接、または電話にて受付

問い合わせ:葛生図書館(電話:0283-86-3416)

星・月・夜さん観覧大歓迎!

「ヨルコレ」展開催記念。お名前に「星」か「月」か「夜」がある方に絵葉書をプレゼントいたします。「夜」さん「月」さんのほかに「星」さんも加わりました!

期間:「ヨルコレ」展会期中(7月16日~8月28日)

・要当日観覧券。名前確認

作品鑑賞会~当館学芸員とご一緒に~

当館学芸員が作品解説を行いながら、皆様と一緒に作品鑑賞を行います。

日時:7月31日(日曜日)、8月20日(土曜日)、各日午後2時~(30分程度)

場所:美術館展示室(エントランス集合)

・要当日観覧券。予約不要

ごいっしょに

佐野市の文化施設等

この記事に関するお問い合わせ先
佐野市吉澤記念美術館

〒327-0501
栃木県佐野市葛生東1-14-30
電話番号:0283-86-2008 ファクス番号:0283-86-2008
お問い合わせフォームはこちら