市・県民税の申告

市・県民税申告会場での「確定申告」の受付は3月16日(月曜日)までです

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、国税庁は、所得税等の確定申告の申告期限を4月16日(木曜日)まで延長することを発表しましたが、佐野市が開設する市・県民税申告会場での確定申告の受付は3月16日(月曜日)までで変更ありません。

3月17日(火曜日)以降の申告受付について

確定申告

市では確定申告の受付ができません。佐野税務署で申告をお願いします。
お問合せ先:佐野税務署(電話:0283-22-4366)

市・県民税の申告

佐野市役所2階 市民税課窓口にて受付します。
お問合せ先:市民税課市民税係(電話:0283-20-3008)

郵送やインターネット、スマホでの申告をおすすめします

確定申告

市・県民税の申告

  • 郵送先
    〒327-8501 佐野市役所 市民税課 宛 (住所は不要です)

申告会場におけるマスクのご持参(着用)のお願いについて

申告会場では、感染症の感染拡大防止の観点から、来場者の皆様の健康と安全を配慮し、職員の手洗い、うがい、マスクの着用を励行しております。
来場を予定されている皆様におかれましても、手洗い、マスクのご持参(着用)などの感染予防をお願いします。
申告会場には、アルコール消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。

また、風邪のような症状、少しでも体調にご不安がある場合、念のため来場をご遠慮ください。

市・県民税の申告について

令和2年度の市・県民税の申告受付は、2月14日(金曜日)から始まります。この申告は、市・県民税及び国民健康保険税の課税資料や所得課税証明などの基礎資料にもなりますので、早めに準備をして忘れずに申告しましょう。

申告日程

申告日程表
日付 時間 受付会場 受付町名
2月14日 午前9時30分~午後3時 飛駒基幹集落センター
(佐野市飛駒町1576-2)
飛駒
2月17日 午前9時30分~午後3時 野上基幹集落センター
(佐野市白岩町486-1)
御神楽・長谷場・白岩・作原
2月18日 午前9時30分~午後4時 田沼行政センター
3階会議室
(佐野市田沼町974-3)
石塚・山越・戸室・岩崎
2月19日 下彦間・山形・梅園・閑馬・小中
2月20日 栃本・戸奈良
2月21日 小見・吉水・新吉水・吉水駅前1丁目~3丁目・船越
2月25日 赤見・出流原・寺久保
2月26日 田沼
2月27日 午前9時30分~午後4時 城北地区公民館
(佐野市堀米町1173)
天神・若松・並木・奈良渕・田之入
2月28日 堀米
3月2日 午前9時30分~午後4時 吾妻地区公民館
(佐野市村上町9)
田島・君田・村上・上羽田・下羽田・高橋・大古屋・
庚申塚・船津川・免鳥
3月3日 午前9時30分~午後3時 氷室地区公民館
(佐野市水木町846)
柿平・水木・秋山
3月4日 午前9時30分~午後4時 葛生あくとプラザ
(佐野市あくと町3084)
中・牧・豊代・仙波
3月5日 葛生西1丁目~3丁目・宮下・築地・富士見・鉢木・長坂・
嘉多山・あくと・会沢・山菅
3月6日 葛生東1丁目~3丁目・多田
3月9日 午前9時30分~午後4時 勤労者会館
(佐野市浅沼町796)
久保・相生・高砂・万・伊賀・本・大蔵・朝日・大・大橋・
天明・大和・亀井・金屋下・金屋仲・金井上・大祝・金吹
3月10日 馬門・高山・高萩・北茂呂・茂呂山・越名
3月11日 上台・七軒・植野・植上・寺中
3月12日 植下・若宮上・若宮下・伊保内・赤坂・飯田
3月13日 韮川・富士・大栗・富岡・浅沼・栄・西浦・鐙塚・黒袴
3月16日 犬伏上・犬伏中・犬伏下・犬伏新・米山南・関川・町谷・
伊勢山

(注意)受付時間は、飛駒基幹集落センター、野上基幹集落センター、氷室地区公民館は、午前9時30分から午後3時まで。それ以外の会場は、午前9時30分から午後4時までです。

申告に際してのお願い

  • 混雑緩和のため、なるべく指定された日に来場してください。ただし都合のつかない場合は、都合の良い日に来場してください。
  • 期間中、市役所の市民税課窓口では、記入済みの申告書のみ受付をします。相談を受けながらの申告書作成については、受付会場でお願いします。
     

持参するもの

  1. 印かん(認め印)
  2. 市・県民税申告書(事前に作成済の場合)
    (注意)事前に必要な方は市民税課へご連絡いただくか、各行政センター・各支所・各地区公民館に備え付けてありますのでご利用ください。こちらからもダウンロードできます。
  3. 個人番号確認書類(マイナンバーカード、通知カードなど)
  4. 身元確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、公的医療保険の被保険者証など)
  5. 所得金額を証明する書類(給与所得や公的年金所得の場合は源泉徴収票、営業や農業、不動産などの所得のある方は必要経費を項目ごとに分けて作成した収支内訳書)
  6. 社会保険料・生命保険料・地震保険料などの控除を申告される方は、令和元年(平成31年)中に支払った国民年金保険料・国民健康保険税・介護保険料などの領収書、生命保険料・地震保険料などの控除証明書
  7. 障害者控除を受けようとする方は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または障害者控除対象者認定書など
  8. 医療費控除を受けようとする方は、令和元年(平成31年)中に支払った医療費の明細書
    (注意)医療を受けた方ごとに、病院・薬局ごとの支払額をまとめ、保険などから補てんされる金額を必ず事前に整理し集計してご持参ください
  9. 寄附金税額控除を受けようとする方は、寄附金受領証明書

雑損控除の申告 ~台風19号の被害を受けられた方へ~

災害により、住宅や家財などに損害を受けたときは、雑損控除により所得税や市・県民税が軽減される場合があります。
申告には、次の書類をご持参ください。

  1. 被災した住宅・家財等の損失額の計算書(事前に作成済の場合)
  2. 被害を受けた家屋等の所有者、取得時期、面積が分かるもの
  3. 被害を受けた家財・車両の取得時期、取得価額が分かるもの
  4. 被害を受けた資産の取壊し費用、除去費用、修繕費用などの分かるもの
  5. 被害を受けた資産について、保険金や補助金などを受け取った場合、その金額が分かるもの
  6. り災証明書
  7. 生計を一にする親族に所得金額が38万円を超える方がいる場合には、その親族の令和元年(平成31年)分の所得金額が分かるもの
     

申告書などのダウンロード

書類ダウンロードのページからお取り寄せください。

よくある質問

更新日:2020年03月06日