1. トップページ(ホーム)




【開館時間】 午前9時30分〜午後5時 菜蟲譜バナー

【休館日】

 

毎週月曜日(祝休日の場合は開館、翌日休館)、
祝日の翌日(祝日の翌日が土・日曜の場合は開館)、
展示替え期間年末年始(12月29日〜1月3日)
開館カレンダー

【観覧料】

 

一般510円(20名以上の団体は460円)
大学生以下・障害者手帳等をお持ちの方は観覧無料
※学生証・障害者手帳等をご提示ください。


今回の展覧会

収蔵企画展 「線は、いのち。−「線」で見る日本絵画・工芸−」
【会期】 2019年 5月25日(土)〜 8月18日(日)
目で見る芸術作品に無くてはならない「線」。よく見てみると、じつに豊かな表情をもち、意外なはたらきをしています。日本絵画・工芸作品の見かたを考える、親子・若い人にもおすすめの鑑賞入門です。

詳細はこちら

★文星芸術大学迎泰夫陶芸研究室との連携
本展では、文星芸術大学と連携し、同大の教育課程で取り組む「陶芸の技法研究 テーマ:影青」の成果を展示するコーナーを設けます。
bunsei2019

7月〜8月のイベント・体験教室

「線は、いのち。」展会期中には、さまざまなイベントが開催されます。ぜひご参加ください。

・フレスコ画体験教室
・夏休みブックトーク 〜美術館ってどんなところ?〜
・若い人たちのための鑑賞会
・いつもの作品鑑賞会
詳細はこちら

次回の展覧会

収蔵企画展 「あなたに逢いたい」
【会期】2019年 8月31日(土)〜10月6日(日)
美術館は作中の人物とわたしたち、両者にとっての出会いの場です。人をあらわす絵画を中心に作品の〈中の人〉との会話を交えつつ、その魅力や鑑賞ポイントをご紹介します。気になるあの作品の〈あの人〉に逢いにきませんか?
詳細はこちら

 

東京文化財研究所の伊藤若冲《菜蟲譜》デジタルコンテンツ公開について

当館所蔵の伊藤若冲《菜蟲譜》(重要文化財)のデジタルコンテンツが完成し、東京文化財研究所(東京、上野)の資料閲覧室にて公開が始まりました(学術・研究目的の閲覧)。
東京文化財研究所「活動報告(伊藤若冲筆「菜蟲譜」のデジタルコンテンツ作成と公開)」


伊藤若冲《菜蟲譜》複製の常設展示について

伊藤若冲《菜蟲譜》は、展覧会開催期間中、原寸大高精細複製(巻子装)の展示を行っています(作品の一部分)。

※原本展示期間は複製を展示していません。

詳細はこちら


板谷波山作品の展示について

▼板谷波山作品は、収蔵品の中から常に4〜5点程度をご覧いただけます。展覧会ごとに作品が入れ替わります。

M割(ミュージアム割引)

M割(ミュージアム割引)=栃木県博物館協会の共通割引制度

入館から6ヶ月以内のM割参加館の半券を当館受付でご提示ください。
団体割引料金でご観覧いただけます。

一般510円→460円

※他の割引制度との併用はできません。

詳細はこちら


リピーターさんにすてきなプレゼント

当館年間スケジュールに、1回の有料入館(前売り券を含む)につき1個スタンプを押します。
スタンプ3個で先着20名様にすてきなプレゼントを差し上げます。(署名されたご本人に限り有効です。)

※年間スケジュールは館内で配布しています。

吉澤記念美術館サイト内検索