1. ホーム
  2. コレクション紹介
  3. 伊藤若冲《菜蟲譜》


伊藤若冲《菜蟲譜》    

伊藤若冲(いとう じゃくちゅう)
《菜蟲譜》(さいちゅうふ)

〔正徳6-寛政12年(1716-1800)〕
寛政2年(1790)頃 制作
縦31.8cm×長さ1095.1cm
絹本着色 一巻
重要文化財

いとうじゃくちゅうさく さいちゅうふ 画像

  江戸時代中期の京都の青物問屋に生まれ育ち、近年ますます多くの人を惹きつけている画家・伊藤若冲の晩年期の作品です。11メートルにおよぶ巻物をひもといてゆくと、前半には四季の野菜や果物が、後半からは昆虫や爬虫類などの小さないきものたちが次々と現れます(野菜・果物等約100種、昆虫等約60種)。かれらのどこかユーモラスな姿からは、若冲の慈しむようなまなざしが感じられます。
  巻頭には大坂で書家として知られていたらしい福岡撫山(仲国、1728〜?)による題字、巻末には大坂の著名な詩人・細合半斎(1727-1803)による跋文があります。

《菜蟲譜》に関するお知らせ    


▼作品展示のお知らせ

◆伊藤若冲生誕300年を記念し、「東と西の蕪村」展会期中の下記の期間に《菜蟲譜》の公開を行います。
【会期】 平成28年10月29日(土)〜11月20日(日)

※全体の半分程度の展示です。
※11月8日(火)まで前半部分、11月9日(水)から後半部分の展示を行う予定です。

◆高精細複製(絹本)の初公開
【会期】 平成28年11月22日(火)〜12月11日(日)

※収蔵企画展「東と西の蕪村」(10/29〜12/11)にあわせての公開です。

◆東京都美術館「生誕300年記念 若冲展」で公開されました。
【会期】平成28年4月22日(金)〜5月24日(火)【終了しました】


▼複製について
平成27年度、修理後の画像による2件の複製が製作されました。
今後は原本の出ていない時期は複製を常設する予定です(作品の一部分。休館日にご注意ください)。
・東京文化財研究所への委託研究による複製(絹本印刷、巻子装)※平成28年秋に公開予定
・特定非営利活動法人「京都文化協会」による寄附(紙本印刷、巻子装)※平成28年4月29日〜公開開始


▼解体修理について
伊藤若冲《菜蟲譜》は、平成23〜24年度にかけて、国庫補助・県費補助を受けて解体修理を行いました。

▼重要文化財指定について
当館所蔵の江戸時代の絵画、伊藤若冲《菜蟲譜》は、平成21年7月10日付けで官報告示され、重要文化財に指定されました。
※指定名称「絹本著色菜蟲譜〈伊藤若冲筆/七十七歳の款記がある〉」
(官報号外第146号、文部科学省告示第106号)

吉澤記念美術館サイト内検索